スマートビルの世界市場規模、2020年に363億ドル規模に達すると予想

リサーチステーション合同会社は、スマートビルの世界市場規模は2015年の72億ドルから、年平均成長率38.0%の急成長が見込まれ、2020年には363億ドル規模に達すると予測される、と発表した。

スマートビルは複数のシステムを単一のシステムプラットフォームに統合し全体管理を行うもので、ビルのあらゆるコンポーネントの効率向上を可能とするものだ。これらコンポーネントは、照明、監視、安全セキュリティ、緊急システム、空調(HVAC)、駐車管理などを含む。

スマートビルはCO2排出削減効果が期待されるほか、維持メンテナンス費用低減、高度な安全セキュリティの提供が可能で、これらはエネルギーコストの上昇や政府の政策的支援といった背景とあいまってスマートビル関連市場の促進要因となっている。

米国では2025年にエネルギー自給型商業ビルの実現構想があり、スマートビルの追い風となっている。

【関連リンク】
スマートビルの世界市場:BEMS、セキュリティ、配管管理ほか関連設備-2020年市場予測

Previous

FIXER、日本初のMicrosoft Azure Cloud Solution Providerとして米マイクロソフトより認定

日本IBM、IoT事業の専門チームを新設

Next