カラフル・ボード、ファッション人工知能アプリ「SENSY」のAndroid版リリース

ファッション人工知能アプリ「SENSY」を運営するカラフル・ボード株式会社は、2014年11月にサービスリリースした「SENSY」のiOS版に続き、「SENSY」のAndroid版を Google Playにて7/15より提供を開始したことを報じた。

 

また、カラフル・ボードは、株式会社三陽商会と提携することにより、「SENSY」にPaul StuartやEPOCA、LOVELESSなどの人気ブランドを追加した。

2015年7月現在、「SENSY」の提案可能アイテム数は43万件を超え、さらに人工知能が提案できるアイテムの幅が広がった。

秋前には、「SENSY」が、コーディネートができる人工知能アプリとして生まれ変わり、提携ブランドのアイテム(2015年7月現在 約43万アイテム)の中から、自分のセンスに合わせたコーディネートを人工知能がつくりだすことができるようになる予定だ。

 

■「SENSY」とは・・・

http://sensy.jp/

ユーザーの「好き」と「好みではない」を分類することで、ユーザーの「感性」を学習していく人工知能。

2014年11月、人工知能「SENSY」を搭載したファッションセンス学習人工知能AIロボットアプリ「SENSY」をリリース。

ユーザーは、表示される提携ブランドの服の「好み」を分類することで、人工知能がそのユーザーのファッションセンス「感性」を学習し、まるで専属のスタイリストのように世界中のECサイトから、ユーザーの感性に沿った商品を提案してくれるAIロボット型のアプリ。

ユーザーの感性の移り変わりや、ファッションのトレンドも自ら学習し進化する。

また、モデルやタレント、スタイリストの人工知能も公開されており、その「感性」に沿って商品を選ぶ事も可能。

慶應義塾大学、千葉大学と共同開発、ファッションセンスを学習させるアルゴリズム開発に成功した。(米国特許出願済)

 

■「SENSY」のコーディネート機能構想

カラフル・ボードが運営する人工知能「SENSY」は、ファッションアプリとして、独自のアルゴリズムを使用した人工知能でファッションアイテムをレコメンドしてきたが、今年の秋前には、本格的にコーディネートもできる人工知能アプリへと進化する。

ユーザーが「SENSY」を使い、好きなコーディネートと好みでないコーディネートを解析することで、提携ブランドのアイテムの組み合わせの中から、ユーザーの「感性」に合う提案を受けることができるようになる。

 

【アプリの概要】

・アプリ名:SENSY(センシー)
・対応機種:
[iOS] iOSバージョン7.0以降。iPhone、iPadおよび iPod touch対応
[Android] Android4.0以降のスマートフォン
・ダウンロード方法:アプリケーションをダウンロードして利用
[iOS版]    https://itunes.apple.com/jp/app/id916508327
[Android版]  https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.sensy
・利用料金:無料

社名 :カラフル・ボード株式会社
所在地 : 東京都渋谷区渋谷1-8-7 第27SYビル3F-B
代表者 : 代表取締役CEO :渡辺祐樹
ファッション人工知能「SENSY」 : http://sensy.jp/
運営会社ホームページ : http://www.colorful-board.com/

Previous

ソフトフロント、KDDIとIoT分野での協業を強化

小学生向け理数・ロボット・プログラミング学習スクール「ステモン!」、1DAYロボット・プログラミングイベントを開催

Next