商船三井と商船三井システムズ、AIを活用し海運市況予測モデルの高度化を目指す共同研究を横浜国立大学と開始

株式会社商船三井と商船三井システムズ株式会社は、国立大学法人横浜国立大学と「海運ビッグデータの分析と活用」に関する共同研究契約を締結した。

共同研究では、横浜国立大学大学院環境情報研究院 長尾智晴教授(※)の協力のもと、人工知能(AI)を用いて、経済や海事に関するデータを解析し、海運市況や燃料油価格を精度高く予測できることを目指す。加えて、順次新たな研究を行い、経営支援ツールの開発を進めるという。

(※)長尾智晴教授
AI分野における日本国内有数の研究者。進化計算法に日本で初めて着目し、様々な開発を行ってき専門家。銀行・金融機関等との時系列変動予測、自動車の知能化のための研究等、これまで120社を超える企業との共同研究等の実績を有する。東京工業大学大学院総合理工学研究科出身。同大工学部助手、同助教授を経て2001年より現職。工学博士。

【関連リンク】
商船三井(MOL)
商船三井システムズ(MOL Information Systems)
横浜国立大学(YNU)

Previous

NTT東日本、クラウド型ロボットプラットフォームサービス「ロボコネクト」提供開始

アドバンスト・メディア、ロボット向け音声認識開発キット「AmiVoice® Robot SDK」サーバー認識版の無償提供を開始

Next