東芝とアルパイン、電力インフラ向け巡視・点検ドローンを共同開発

株式会社東芝(以下、東芝)とアルパイン株式会社(以下、アルパイン)は、従来からの車載分野などでの協業に加え、産業用ドローンによる電力インフラの巡視・点検サービス分野において提携関係を構築することで合意した。

東芝が持つ画像処理技術やIoT技術と、アルパインが持つ地図情報連携技術や車載システムインテグレーション技術を融合し、ドローンによる電力インフラ事業者向けの巡視・点検システムを、2017年度中の実用化を目指して開発する。

現在、電力インフラ事業における送電線や鉄塔の巡視・点検では、習熟した保全作業員による目視点検が主流となっている。しかし、山間部などのアクセスしにくい場所を点検する場合、点検場所までの移動に時間がかかり、高所での作業では危険が伴う。ドローンを使用することで、高所の送電線や鉄塔上部の画像を撮影することができ、迅速な状況把握・作業時間の短縮・安全性の向上に繋がる。

アルパインのGPS、ジャイロ機能(注1)、地図情報連携などでドローンを安全に効率良く飛行させ、撮影した点検対象物の画像を画像処理・分析・検出の仕組みを構築した東芝のIoT基盤上に構築した画像処理や機械学習(AI)で分析を行うことにより、送電線のアーク痕(注2)などの要点検箇所を検出可能にする。

注1
ジャイロ機能:単位時間当たりに物体の角度がどれだけ変化するかを測定することでクルマの方向を割り出す機能。

注2
アーク痕:落雷によるアーク放電の痕跡(表面が溶解したもの)のこと。

【関係リンク】
東芝(TOSHIBA)
アルパイン(Alpine)

Previous

キヤノンMJがドローン市場に本格参入し、プロドローン社に出資

NTTデータ、VR技術を使用したトレーニングシステムをプロ野球球団に提供開始

Next