浜松市とSBドライブ、スズキ、遠州鉄道が連携協定を締結

浜松市とSBドライブ株式会社、スズキ株式会社、遠州鉄道株式会社(以下「4者」)は、スマートモビリティーに関する連携協定を2016年9月5日に締結し、相互に連携した取り組みを開始した。

この協定は、4者が相互に緊密に連携することにより、利用可能な資源を有効に活用した協働による活動を推進し、地域住民の移動の利便性の向上など、地域公共交通の課題を解決し、地域および産業の振興と次世代モビリティーサービスの創出に資することが可能な、自動運転技術を活用したスマートモビリティーサービスの事業化を浜松市において図ることを目的としている。

4者は目的を達成するため、スマートモビリティーサービスの企画、開発や、スマートモビリティーサービスの事業化に向けた環境整備、その他、上記事項の目的を達成するために必要な取り組みに関することを実施するという。

Previous

「AIを育てるのは日本とアジア」 AIテクノロジー企業Appier CEO チハン・ユー、AIの未来を語る

NEC、ベルーナ物流センターの倉庫管理システム稼働で、出荷リードタイムの約50%短縮を見込む

Next