サムスンとイタリア食材店イータリー、スマート冷蔵庫「Family Hub」で提携

サムスンの新製品、スマート冷蔵庫「Family Hub」は、調理の効率化や食品の管理を容易にするだけではなく、家族のキッチンをコントロールすることができる。さらに、Family Hubの大型タッチスクリーンディスプレイに表示されるネットショッピングアプリを利用し、食材を注文することもできる。

サムスンは可能な限り最高のユーザーエクスペリエンスを提供するために、イタリアのプレミア食品を提供する食料品のショッピングサービス、イータリーと提携した。下記は、イータリーCEO、Andrea casalini氏のIFA2016でのインタビューだ。

Q. イータリーのコンセプトは何ですか。そして、どうやって伝えますか。

イータリーは伝統的なイタリアの食物とワイン文化というコンセプトがある。我々は、食品を提供するだけではなく、イタリア料理の伝統や歴史を学んで理解し、愛する人と楽しい時間を過ごす場所を提供したい。

イータリーでは、優れた料理を味わうことができ、生産者からワインのサンプルが届いたり、料理教室にも参加できる。我々の目標は、世界中でそれらを提供することだ。

 

Q. イータリーは現在、世界中の25カ国以上にフードを届け、成長しています。会社が成功している理由は何だと思われますか?

個人的には、私はそれが我々の真意であると思う。イータリーでは本当のイタリア料理を体験することができる。しかし、イタリア料理だけではなくて、料理の文化と食物に対する情熱を体験できる。世界中のお客様はみんなうちの店で楽しんでいる。

もう一つの理由は、いい食品を提供していることだ。他の店でイータリーみたいな食べ物は簡単に見つけられることができない。そういう意味では非常に特別なのだ。

 

Q.今回、なぜサムスンのパートナーになったのでしょうか?

テクノロジーは、我々のような食品店も含めて、私たちの生きる方法を変えられる。イータリーはこれを認識してから、過去数年にイーコマースプラットフォームを構築してきた。イータリーは常にお客様により便利で、シームレスな体験を提供するために、新しい方法を探している。

私は家の中心が冷蔵庫であることを信じている。キッチンから食料品を購入することを可能にするこの冷蔵庫は、この完璧な例だ。顧客がイータリー食品にすぐアクセスできるように、サムスンと協力していることは非常に重要だ。

 

Q. イータリーに最も役に立つFamily Hubの特徴は何ですか?

私の家では、すべて最高品質の食品を提供することだ。あなたが本当に良い料理を提供したいなら、最良の方法で適切に供給され、維持されなければならない。私は個人的には、Family Hubのシェフゾーンが好きだ。温度に敏感な蛋白質を管理するには理想的なところだ。Family Hubの冷蔵庫は3つ内部カメラがある。食品成分の新鮮さを確認することは高品質の食品を保証できる重要な理由である。

・source : Samsung newsroom
・このポストは意訳です

Previous

DMG森精機と日本マイクロソフト、工作機械を中心とする制御システムのセキュリティ、スマートファクトリーの実現に向けて技術協力

総務省、IoTテストベッド事業及び地域データセンター事業に係る助成金交付対象事業の募集

Next