アシアル、Monaca for Visual StudioをMicrosoft Azureと連携、本格的な企業向けアプリ開発市場の隆盛に備え

アシアル株式会社は、本日よりHTML5ハイブリッドアプリ開発環境MonacaのVisual Studio対応版である「Monaca for Visual Studio」を正式にMicrosoft Azure対応させたことを発表した。アシアルは日本マイクロソフト株式会社との共同マーケティングを行ない、日本におけるHTML5ハイブリッドアプリ開発手法の普及に努める。

また、業務アプリケーションのモバイル化に伴いクロスプラットフォーム開発のニーズが高まっていることから、Monacaに標準搭載されているUIフレームワーク「Onsen UI」をWindowsアプリに正式対応させ、更にMonaca for Visual Studioを使った公式トレーニングを開始したと発表した。

これらによりアプリ開発者はiOS、Android、Windowsの各OSに対応したHTML5ハイブリッドアプリ開発のUIデザインからフロントエンド開発、サーバサイド開発まで一貫してVisual Studio上で開発・管理することができるようになり、開発効率を向上させることができるとしている。

なお、すでにブリヂストンソフトウェア株式会社が、Monaca for Visual StudioとAzureをアプリ開発の基盤として採用しアプリ開発を行っている。

■日本マイクロソフト社との共同マーケティング
・ HTML5ハイブリッドアプリ開発の公式トレーニングの共同開催
・ HTML5ハイブリッドアプリ開発に関する啓蒙セミナーの実施
モバイルアプリのサンプルプログラムの提供
MSDN内での技術情報の提供
開発企業への技術支援およびマーケティング支援

<Monaca for Visual Studioについて>
HTML5ハイブリッドアプリ開発環境MonacaのVisual Studio対応版。 Monaca for Visual Studioにより、Visual Studio上でHTML5ハイブリッドアプリのプロジェクト作成、デバッグ、ビルドを行うことができる。Monaca for Visual Studioは、Visual Studioの拡張機能として提供され、Visual Studioギャラリーより入手できる。Visual Studio Communityの利用者は無料から使うことができる。Visual Studio Professional版以上の利用者は、Monaca Goldプラン(5,000円/月)の登録が必要になる。

<Monacaについて>
「Monaca」はアシアル株式会社が提供するiOS、Android、Windows に対応したクラウド型のモバイルアプリ開発プラットフォーム。開発者はHTML5を活用しながらワンソースで複数のOS向けのアプリを開発することができる。開発者はブラウザからMonacaにアクセスするだけで、プログラムコードの作成、デバッグ、およびアプリのビルドまでを一貫して行うことができる。これにより、従来のネイティブベースのモバイルアプリ開発手法と比べ、より効率的に開発を行うことができる。

Monaca http://ja.monaca.io/

<アシアルについて>
アシアルはサーバサイドWeb、スマートフォン、HTML5技術を中心とした技術支援、開発受託、サービス運営を行うテクノロジーベンチャー。モバイルアプリ開発プラットフォーム「Monaca」の開発及びサービス提供を行なっている。

アシアル株式会社

Previous

K-Safety Expo 2015が11月に開催

インフォコーパス、SensorCorpusへの接続認証済みIoTデバイスの普及を促進させる「SCコネクト」を発表

Next