Telit、セルラー・コネクティビティーをシームレスにIoTポータルに統合した「Rapid IoT Development Kit」を発表

Telit Wireless Solutions(以下、Telit)は、クラウドベースのTelit IoT ポータルにセルラー・コネクティビティーをシームレスに統合した「Rapid IoT Development Kit」を発表した。これにより、今まで数か月かかっていたIoTソリューションのプロトタイプ作成を、わずか数時間へと短縮することができるという。

このキットは、スタンドアロンのIoTプロトタイプ開発にも、また一般的なメーカーのプラットフォーム用の便利なセルラー、クラウド対応プラグインとしても使用することができる。このIoTポータルによって、キットの接続と管理を行うことができるとともに、組み込みのダッシュボードを使ったデータの安全な抽出と消費、そしてウェブベースとモバイルのアプリケーション設計、およびエンタープライズシステムとの統合によるビッグデータの分析が容易になるという。

Rapid IoT Development Kitは、スタンドアロンモードとインタフェースモードの両方で動作する。スタンドアロンモードは、ボード上に搭載されたTelitのxE910モジュール固有の処理能力のみで、AppZone C開発および実行環境をベースに動作する。ボード上には、加速度センサ、温度センサ、およびLEDインジケータを含む各種のセンサが搭載されている。

インタフェースモードでは、ボード上のヘッダによって、接続ケーブルをまったく必要とせずに、ほとんどの一般的なオープン メーカー プラットフォーム(Raspberry Pi、TI LaunchPad、Arduinoなど)との迅速なプラグアンドプレイのスタック式統合が可能だという。

【関連リンク】
テリット(Telit)
Rapid IoT Development Kit

Previous

SQUEEZE、AirbnbとAPI連携したスマートキーボックス「igloohome」を提供開始

HOUZE、スマートエネルギー貯蔵アプライアンスの「ZEROCELL」をユーロニクス・インターナショナルの店舗で紹介

Next