博報堂、ぬいぐるみが話すボタン型スピーカー「Pechat」先行販売開始

株式会社博報堂は、まるでぬいぐるみが話しているように感じさせるボタン型デバイス「Pechat(ペチャット)」の先行販売を、9月14日午前11時よりクラウドファンディングサービス「Makuake」にて開始した。

博報堂、ぬいぐるみと話せるボタン型スピーカー「Pechat」先行販売開始

「Pechat」は、ぬいぐるみにつけてスマホを操作することで、まるでぬいぐるみが話しているように感じさせることができるボタン型デバイス。ぬいぐるみを介した親子のコミュニケーションや、歌や読み聞かせによる知育・情操教育など、子育ての様々なシーンで活用できる次世代の育児アイテムとして開発された。2016年3月に米国で開催された「サウス・バイ・サウス・ウエスト(SXSW)2016」でコンセプトモデルを発表後、製品化に向けて準備を進めてきた。

一般販売は、2016年12月に予定されており、販売予定価格は4,990円(税込)。今回のクラウドファンディングでは、先着制による特別割引での支援(先行販売)コースを複数設定。万一、目標金額に達しない場合でも製品を受け取れる「All in」方式*での実施となる。

「Pechat」は、博報堂として初のデジタルデバイス商品企画・販売事業で、またクラウドファンディングを取り入れるのも初の試みとなるという。企画・デザインは、博報堂のプロダクト・イノベーション・チーム「monom(モノム)」が担当。アプリの開発を株式会社博報堂アイ・スタジオ、ハードウェアの量産をVAIO株式会社が担当している。

 * All in(即時支援型)は、目標金額の達成の可否に関わらず、商品が提供されるシステム。

博報堂、ぬいぐるみと話せるボタン型スピーカー「Pechat」先行販売開始

Pechat (ペチャット) は、ぬいぐるみにつけるボタン型スピーカー。専用のスマホアプリを操作することで、ぬいぐるみを通して子どもと話すことができる。歌をうたったり、昼寝に誘ったり、様々な使い方で、子どもの心を通わせる力を育む。さらに、声に反応して自動であいづちやオウム返しをするおまかせモードや、読み聞かせなどの知育コンテンツも。次世代の育児アイテムとして、子育ての様々なシーンで活躍するという。

博報堂、ぬいぐるみと話せるボタン型スピーカー「Pechat」先行販売開始

<主な機能>
セリフ候補出し機能:文字を入力すると、セリフの候補が表示される。
文字でおしゃべり:入力した文字を音声合成技術*でかわいく読み上げる。
声でおしゃべり:吹き込んだ声をかわいい声に変換して話す。
セリフリスト:200以上のセリフをカテゴリーごとに選ぶことができる。
うたリスト・おはなしリスト:一覧から歌や話を選ぶことができる。
おまかせモード:声に反応して、自動であいづちやおうむ返しを行う。

*株式会社エーアイの音声合成エンジン「AITalk®」が採用されている。
 
<製品仕様>
本体サイズ:直径45mm×奥行21mm
質量:約30g 通信方法:2.4GHz 無線接続
通信距離:最大半径10m(障害物がない場合)
出力(スピーカー):モノラル0.5W
バッテリー:リチウムイオン電池
充電ケーブル:マイクロUSBケーブル(同梱)
連続使用時間:約1.2時間(最大音量で音声を流し続けた場合)
連続待受時間:約30時間(スマホと接続した状態で無音の場合)
対応OS:iOS 9.0以上/Android OS 5.0以上に対応予定
 
※上記仕様は予告なく変更される場合がある。

博報堂、ぬいぐるみと話せるボタン型スピーカー「Pechat」先行販売開始

内容物:Pechat本体、マイクロUSBケーブル、説明書
一般販売予定価格:4,990円(税込)
専用スマホアプリ:無料ダウンロード(iOS、Android対応)

【関連リンク】
Pechat(ペチャット)
Makuake > Pechat(ペチャット)
博報堂(Hakuhodo)
アイスタ(HAKUHODO i-studio)
バイオ(VAIO)
エーアイ(AI)

Previous

農業IoTで3,000万円の損失を防いだ -セラク「みどりクラウド」インタビュー

パイオニア、先進運転支援機能を搭載したマルチドライブアシストユニットの販売を開始

Next