Actility、ソフトバンクの低消費電力でIoTを実現する「LoRaWAN™」をサポート

省電力広域(LPWA:Low Power Wide Area)ネットワークとサービスプラットフォームのActility S.A.は、ソフトバンク株式会社が提供開始する、IoT機器向けの低消費電力で長距離の通信を実現するLPWAネットワークを活用したIoTソリューションに、Actilityの次世代IoTプラットフォーム「ThingPark(シングパーク)」を提供する。その第一弾は、デバイスからアプリケーション、コンサルティングに至るまでエンド・ツー・エンドでのIoTソリューションとして、LPWAネットワークのひとつである「LoRaWAN™」を2016年度中に提供するという。

爆発的な普及が予想されているIoTサービスには、LPWAネットワークで実現する低コスト・低消費電力の通信が不可欠だ。特に「LoRaWAN™」は、IoTに求められる低コスト・低消費電力に加え、長距離通信を実現できる特長を有しており、これまで無線通信を搭載できなかったさまざまな設備や機器などにLPWAネットワークを通じて通信接続することが可能となる。

さらに、「LoRaWAN™」に加え、ソフトバンクは通信事業者として提供している3G/LTE・Wi-Fi・固定通信など総合的なネットワークラインナップを活用することにより、ソフトバンクは顧客に複合的かつ最適なネットワークで付加価値の高いIoTソリューションを提供する。

今後、ソフトバンクは商業施設、ビル、倉庫などの設備監視・制御やトラッキング、ガスや水道メーターの自動検針、高齢者や子どもの見守り、道路、トンネル、線路などのインフラ監視、車、トラック、バスなどの物流、運行管理など、低コスト・低消費電力のネットワーク構築が求められる分野において、IoT環境を実現していくという。

Actilityは、LoRa® 技術を開発してLoRa Allianceを設立したSemtech CorporationやOEMベンダーであるFoxconn Technology Groupと、ソフトバンクと共に「LoRaWAN™」の構築を目指していくという。

【関連リンク】
アクティリティー(Actility)
ソフトバンク(SoftBank)
セムテック(Semtech)
フォックスコン(Foxconn/鴻海/富士康)

Previous

ティッセンクルップ・エレべーター、マイクロソフトHoloLensを採用し予知保全

ペイイースト、IoT電球を活用した見守りサービスの提供開始

Next