MWC上海で見た、「5G」に向けたテレコム業界のIoT

7月15日から17日の3日間、中国・上海で「Mobile World Congress Shanghai」(MWC上海)が開催された。MWC上海は、3月に開催されたMobile World Congress(MWC)のアジア版という位置づけ。主催は各国の携帯電話キャリアが加盟するGSMAという団体で、携帯電話関連の様々な展示があったほか、キーパーソンの基調講演も開かれた。

キャリアの業界団体が開くイベントという性質上、IoTについては、やや派手さに欠ける展示だった。イベントの主なテーマは5GやLTEなどの通信インフラが中心で、IoTはあくまでも周辺テーマの1つでしかない。一方で、5Gは、膨大なデバイスがネットにつながる、まさにIoTの世界を想定した仕様になろうとしている。各社の基調講演でも、このような観点でIoTへの言及があった。

たとえば、世界最大キャリアの中国移動は、会長のシー・グオホワ(奚国華)氏自らが中国政府が掲げる「インターネットプラス」という概念を解説。

中国移動の会長、シー・グオホワ氏
中国移動の会長、シー・グオホワ氏

 

中国移動のスライド。「インターネットプラス」を国策として推し進めていく
中国移動のスライド。「インターネットプラス」を国策として推し進めていく

重点プロジェクトとして、「オペレーターだけでなく、社会にある核となる事業者の発展を促す」と発言した。こうしたキャリアの方針は、日本も同じだ。

 

ドコモの代表取締役社長 加藤薫氏は、同社が締結したGEとの提携を例に出しながら、注力分野としてIoTやM2Mを挙げている。

ドコモの代表取締役社長 加藤薫氏は、GEとの取り組みを紹介
ドコモの代表取締役社長 加藤薫氏は、GEとの取り組みを紹介

 

ドコモとGEは、「工業機械に取り付けられたセンサーをドコモが集め、GEのクラウドにためて、そのデータに基づき、さまざまな予測や診断を行う」(加藤氏)という役割分担になる見込みだ。

 

センサーで収集したデータを、GEのクラウドと連携させてて解析する
センサーで収集したデータを、GEのクラウドと連携させてて解析する

 

こうした基調講演に加え、展示会場にもIoTの“具体例”が並べられていた。中でも展示に力を入れていたのが、韓国キャリアのSKテレコム。同社は「oneM2M」という携帯電話業界が主導するM2Mプラットフォームをベースにしたサービスを、すでに商用化している。

SKテレコムの展示会場には、スマホからコントロールできるエアコンやテレビ、家の鍵などが一堂に会しており、いずれも、韓国ではすでに発売されているもの。他社がプロトタイプや実験レベルの展示しかしていなかった中で、先進性を打ち出していた。

 

韓国キャリアのSKテレコムは、IoTプラットフォームを利用した製品を展示していた

韓国キャリアのSKテレコムは、IoTプラットフォームを利用した製品を展示していた
韓国キャリアのSKテレコムは、IoTプラットフォームを利用した製品を展示していた

 

CESで披露した、エアセンサー「Air Cube」も展示。CO2や湿度などの測定が可能
CESで披露した、エアセンサー「Air Cube」も展示。CO2や湿度などの測定が可能

 

似た内容の展示は中国聯通のブースにもあったが、商用サービスという点で、SKテレコムが一歩リードしていた
似た内容の展示は中国聯通のブースにもあったが、商用サービスという点で、SKテレコムが一歩リードしていた

 

もっとも、IoTの分野では、標準をめぐり、さまざまな規格が立ち上がっている。

クアルコム主導の「AllSeen Alliance」や、アップルの「HomeKit」、グーグルの「Thread Group」など、各社が押すプラットフォームが乱立している状況だ。SKテレコムが存在感を発揮していたのは、キャリア主導のMWC上海という点を割り引いて見る必要はあるだろう。

 

一方で、SKテレコムは、すでに実現しているサービスに加え、通信の進化に伴うIoTの将来像も提示していた。

同社のブースには、「Oculus Rift」のようなヘッドセット型VRデバイスが置かれており、これを使ってゲームを楽しめるようになっていた。

これを何を示しているかというと、5Gの実力だ。5Gでは、通信速度が高速化することに加え、遅延も従来のLTEやLTE Advancedよりさらに短くなる。

現在、スペックは策定中だが、1ms以下をターゲットにすると言われている。つまり、5Gのスペックがあれば、3Dの映像を遅延なく目の前に送ることができ、ユーザーの反応をダイレクトにネットワーク側に伝えられるというわけだ。

 

5Gのコンセプトを示すデモ。速度の速さに加えて、遅延の小ささがカギになる
5Gのコンセプトを示すデモ。速度の速さに加えて、遅延の小ささがカギになる

 

同様のコンセプトは、3月に開催されたMWCでも、エリクソンなどの通信機器ベンダーが提示していた。5Gに先駆け、4GとなるLTE Advancedでも、制御信号を削減し、接続の安定性を高める規格がNECによって開発されており、標準化機関の3gppによって採用されている。

現状では、IoTで想定されている通信方式はWi-FiやBluetoothが主になる。一方で、LTE Advancedやその先の5Gが本格化すれば、セルラー網を活用した製品がもっと増える可能性はある。こうしたインフラの方向性をつかめるのが、MWCやMWC上海の醍醐味と言えるだろう。

 

Previous

ビッグデータを活用している企業は6%、スマートインサイトがData Discoveryを実現するMμgenを出荷開始

ams、ユニバーサルリモコン、バーコードエミュレーション、カラーセンシング、近接検出、3Dジェスチャ検知機能を統合したセンサモジュールを業界で初めて提供

Next