ソフトバンクグループ、AI技術を活用し無人タクシーを疑似体験できる「cocoro Drive」を自動走行の社会受容性実証実験で提供

ソフトバンクグループのSBドライブ株式会社は、愛知県による自動走行の社会受容性実証実験事業を受託したアイサンテクノロジー株式会社からその事業の一部を受託し、この実証実験事業に参画する。

この実証実験で、SBドライブはソフトバンクグループでクラウドAI(人工知能)サービスなどに取り組むcocoro SB株式会社(以下、cocoro SB)と連携し、無人タクシーを疑似体験できるアプリケーション「cocoro Drive(ココロドライブ)」を提供する。

「cocoro Drive」は、cocoro SBが開発したAI技術「感情エンジン」※を活用するアプリケーションで、無人タクシーを想定した車内に設置したタブレットを乗客が操作することにより、乗客と会話したり、運転状況や走行ルート周辺の施設を案内したりするほか、目的地や所要時間などを画面に表示する。

SBドライブは、この実証実験事業への参画を通して、自動運転技術を活用したスマートモビリティーサービスの事業化を目指していくという。

※各種センサー情報を活用することで擬似的な脳内分泌を定義し、クラウドコンピューティングでつながったAI上で感情を表現する技術

【関連リンク】
ソフトバンク(SoftBank)
SBドライブ(SB Drive)
アイサンテクノロジー(AISAN TECHNOLOGY)
ココロエスビー(cocoro SB)

Previous

PTC、VMwareとのパートナーシップで強化されたIoTソリューションを提供

総務省、2020年までの地域IoTの普及に向け「地域IoT実装推進タスクフォース」を開催

Next