ACCESS、Beaconを利用した位置情報取得パッケージ「ABF for Location」の提供開始

株式会社ACCESS(以下ACCESS)は、O2Oや見守りサービスなどのBeacon(ビーコン)を用いた位置情報連動コンテンツ配信クラウドサービス(ASP)である「ACCESS(TM) Beacon Framework(ABF(R))」の技術を使った、屋内の位置情報取得ソリューション「ABF(R) for Location」を新たに開発し、9月26日より提供を開始した。

各種業務システムを開発する企業やシステムインテグレータ(SIer)、業務システムを提供するプロバイダ、ファクトリーオートメーション(FA)機器メーカ等を主な販売対象としている。

【製品概要】
「ABF for Location」は、Beaconを用いて工場・倉庫・オフィスなど屋内の人やモノの位置情報を取得し、「機材の管理状態の記録」「要員配置の適正化」といった業務効率改善の為のシステム構築を支援するパッケージソリューションである。

屋内位置情報を取得し、業務システムを構築する為に必要となるハードウェアおよび機能(ソフトウェア)として、①Beacon端末、②Beacon受信機、③受信機制御ソフトウェア、④管理ソフトウェアを一式で提供されるため、1からシステムを開発する手間が省けるという。

【開発背景】
Beaconを用いた屋内位置情報システムを新規または追加で構築し、運用していく場合、システム構成検討、Beacon端末とBeacon受信機をはじめとしたハードウェア調達、ハードウェア設置、受信制御ソフトウェア開発、管理ソフトウェア開発など、多くの手間と時間、コストが必要となるだけでなく、それぞれの機器を扱うために必要な知識や経験の欠如がボトルネックとなり、普及拡大を阻害する要因となっていた。

また、屋内の位置情報は業務全般に有用な情報であるにも関わらず、屋内の位置情報を扱うシステムと基幹業務システムとの連携が弱く、位置情報を活かしきれてないというケースも見受けられるため、ACCESSは、位置情報を利用したの業務システムのIoT化を支援するために「ABF」を通じて得たユーザの声を反映し、Beaconを使用した汎用性のあるパッケージとして「ABF for Location」の開発を行った。

【関連リンク】
アクセス(ACCESS)

Previous

米KUKA、IMTS 2016 にて産業用ロボットのライブデモンストレーションを実施

近畿大学、人工知能型業務システム「HUE」を導入し基幹業務の標準化・効率化を推進

Next