ヴイエムウェア、拡張現実(AR)と複合現実(MR)の両体験の管理を可能にする、スマートグラス対応のVMware AirWatch®統合ソリューションを発表

VMware, Inc.は、米国アトランタで開催中のConnect 2016で、エンタープライズ モビリティ管理ソリューションのVMware AirWatch®の新機能として、スマートグラスを管理できる機能の追加を発表した。

今回の機能追加により、拡張現実(AR)や複合現実(MR)デバイスを活用してビジネス プロセスの変革を目指す企業および団体は、VMware AirWatchを一貫性のある管理プラットフォームとして活用でき、スマートグラス管理の合理的なオンボーディング体験の提供に加え、スマートグラスのネットワーク設定やアプリケーション開発も効率的に行えるようになるという。

統合エンドポイント管理(UEM)ソリューションの管理対象としてウェアラブル デバイスが含まれるのは業界初であり、VMwareは、顧客が既存のデスクトップやモバイル エンドポイントだけではなく、スマートグラスも管理できるように支援するという。VMwareはまた、APX Labs社、Atheer社、Intel社、ODG社、Vuzix社との協業を通じて、ウェアラブル デバイスの管理とアプリ配信ソリューションも積極的に支援するという。

スマートグラスとARアプリケーションの統合は、業界を問わず、さまざまな組織の間で実践され始めているという。Tech Pro Researchの最近の調査(1)では、企業の67%が将来的にARを活用したいと考えていると回答している。ARの活用により、企業の生産性や効率性の向上が見込まれる半面、IT部門にとってはこれらのデバイスの設定、セキュリティ、管理、展開、アップデートなどに関する大きな課題の解決が求められる。

VMwareは、このような市場の成長に企業や団体が対応し、加えてIT部門がAR/MRデバイスの活用に伴う課題を解決できることを目指し、今回、主要なスマートグラス メーカやアプリ開発者とパートナーシップを結び、VMware AirWatch Enterprise Mobility Management™プラットフォームにウェアラブル デバイス管理機能を追加した。そして組織が、既存のモバイル、タブレット、ラップトップに加え、AR/MRデバイスを管理できるようにした。

IT部門は、今回の機能追加により、合理化されたオンボーディング体験を提供できるほか、ネットワークやアプリケーションでのデバイス設定も容易に行えるようになる。また、組織は、VMware AirWatchを基盤とする他の既存の端末とともに、スマートグラスをわずか数回のクリックで安全に管理できるようになる。

Android搭載のスマートグラスをサポートしたVMware AirWatchは、2016年第4四半期(10~12月)の後半に提供開始予定。

【関連リンク】
ヴイエムウェア(VMware)
APX Labs
Atheer
インテル(Intel)
ビュージックス(Vuzix)

Previous

ルネサス、ヘルスケア分野向けにバイオセンシングフロントエンドを内蔵したマイコン、血糖値計向け「RL78/L1Aグループ」を発売

MOVIMASと昱工業、機械学習を実装した水処理ポンプのIoTシステムで協業を開始

Next