アイ・オー・データ、sMedioのソフトウェア技術協力で「IoTゲートウェイボックス」を開発

株式会社アイ・オー・データ機器(以下、アイ・オー・データ)は、株式会社sMedioのソフトウェア技術協力のもと、「IoTゲートウェイボックス」を開発し、2017年の市場投入を目指すことを発表した。

今回開発された「IoTゲートウェイボックス」は、ネットワークカメラやセンサーデバイスなど、様々な無線通信規格に準拠したIP系、非IP系の入出力機器を束ね、各クラウドサービスへのデータ出力を司るマルチタイプのボックス。1つのボックスで複数の規格に対応することにより、各社のIoTソリューションの迅速な発展を促すという。

アイ・オー・データは、「IoTゲートウェイボックス」を皮切りに、IoT事業への取り組みを加速するという。

【関連リンク】
アイ・オー・データ(I-O DATA)
sMedio

Previous

CEATEC JAPAN 2016 レポート① ーIoTとCPSで、つながる社会、共創する未来を実現

ルネサス、自動運転時代の到来に向けて車車間・路車間通信(V2X)システム向け半導体ソリューションをグローバルに提供開始

Next