NEC、VR空間を個別構築しヘッドマウントディスプレイなどとセットで提供する「法人VRソリューション」の販売を開始

NECは、法人向けのバーチャルリアリティ(以下、VR)技術の活用ソリューションをまとめ、「法人VRソリューション」として体系化するとともに、VRの導入を検討するユーザ向けには「VRお試しパック」を提供開始する。

「法人VRソリューション」は、ユーザニーズに合わせてVR空間を個別に構築し、ヘッドマウントディスプレイなどと組み合わせて提供するもので、トレーニング用途やシミュレーション用途などを想定。
また、VR機器一式を有償貸出するサービス「VRお試しパック」により、企業の容易かつ迅速なVR体験・評価を支援する。

近年、エンターテインメント領域を中心にVR技術の活用・検討が進んでおり、2020年には8兆円市場に成長する(注1)ことが予測されるなど、今後もVR活用への期待が高まっていくことが想定されている。特に法人向けでは、業務へのVR活用の検討が進み、今後業務システムと密に結びついた個別構築へのニーズ拡大が見込まれる。

NEC、VR空間を個別構築しヘッドマウントディスプレイなどとセットで提供する「法人VRソリューション」の販売を開始
コンテンツ例(オフィスの360°画像)

「法人VRソリューション」として体系化

法人向けのVR技術の活用ソリューションをまとめ、「法人VRソリューション」として体系化。ユーザニーズに合わせてVR空間を個別構築し、ヘッドマウントディスプレイやPCなどの必要機器と組み合わせて、600万円(税別)程度から提供。具体的に以下4つのカテゴリーでの活用が想定されている。

  • トレーニング用途
    VR空間で直感的に作業フローの訓練・習得が可能。例えば、工場の生産ラインでの梱包作業トレーニングや、危険の伴う消火作業や伐採作業などのトレーニングとして活用するなど。
  • シミュレーション用途
    VR空間で作業・操作時の負荷状況を確認し、評価可能。例えば、工場における作業者のユーザビリティを把握し、最適なレイアウト決定に活用するなど。
  • コミュニケーション用途
    複数拠点からVR空間にログインすることで、TV会議では実現の難しい遠隔地同士での「経験」の共有が可能。例えば、遠隔地同士でVR空間に同時ログインし、作業内容の確認や教育に活用するなど。
  • セールスプロモーション用途
    その場で実物を見せることが困難な大型施設や製品、景色を分かりやすく訴求可能。例えば、ホテルの施設紹介やアトラクションのような体験型ブースを用意するなど。

「VRお試しパック」を提供開始

VR導入を検討するユーザ向けに、VR機器一式(注2)を有償貸出するサービス「VRお試しパック」を提供開始。容易かつスピーディにVR体験や評価が可能。また、以下のサンプルコンテンツを無償貸出可能。

  • 工場ラインにおける梱包作業(トレーニング用途)
  • 森林伐採を体験(危険作業のトレーニング用途)
  • システムキッチンの高さ、色などの変更を体験(シミュレーション用途)
  • オフィスやショールームの360°画像(セールスプロモーション用途)

さらに、「VRお試しパック」にユーザ保有の3D CADデータを取り込んだ状態で貸出するサービスもオプションとして提供している。

提供価格(税別)は以下のとおり。
「VRお試しパック」:2週間で5万円~
3DCADデータインポート:10万円~

(注1)TrendForceのサイトより
(注2)VR対応PC、ヘッドマウントディスプレイ、モーションコントローラ

【関連リンク】
日本電気(NEC)

Previous

STマイクロエレクトロニクス、ウェアラブル機器向けにワイヤレス給電用チップセットを発表

リシンク・ロボティクス、研究・教育市場に向けロボット「ソイヤー(Sawyer)」を発表

Next