Yahoo!のmy Thingsにも対応している「MISFIT FLASH」を1週間つけてみた

先日のGMIC TOKYO 2015で、Misfit Founder&CEOのSonny Vu氏が基調講演「センシングを超えるウェアラブル2.0」に登壇した。

「Misfitはこれまでにないおしゃれなウェアラブルデバイス」という点が強調されたプレゼンテーションで、会場でもネックレス型などのファッション性が高いMisfitシリーズが展示されていた。

MISFIT FLASH

明日7月30日に発売されるMisfit Flashは、スポーツや日常のアクティビティのすべてを簡単に測定し、睡眠もトラックできるカジュアルな活動量計だ。

その「Misfit Flash」をいただいたので1週間つけてみた。

MISFIT FLASH

着け心地は非常に軽い。左腕、右腕、足首など色々つけてみて、結局、腕時計をつけている腕にMisfit Flashをつけ、2本腕時計をつけているような状態に落ち着いた。自分としてはやや違和感があったのだが、誰にも何も指摘されなかったので、特に目立ちすぎているということはなかったのだろう、と解釈した。

MISFIT FLASH

左に腕時計をつけ、右にMisfit Flashをつけるという手もあるが、長年左に腕時計をつけていると、右に腕時計のようなものがあるのがどうしても慣れず、こうなった。防水なのでお風呂に入る時もつけたままでも問題なく、1日中つけっぱなしにして自分の活動を計測した。

また、付属のクリップを使えば、ウエスト、胸などの服に挟んで利用することも可能だ。

MISFIT FLASH
付属のクリップをつけた状態

 

充電は不要でコイン電池で最大約4か月利用可能。3軸の加速度センサーが搭載されている。

iOSであれば、「MISFIT LINK APP」をダウンロードすることで、カメラで自撮りしたり音楽再生、部屋の明かりのコントロールなどのスマートボタン(リモコン)にもなる。

 

Misfitのアプリケーション

計測結果はスマホで確認することができるため、専用のアプリ「Misfit」をダウンロードし、装着位置などを設定する。 アプリは、iOS、Android、Windowsに対応。

・動作環境は以下
iPhone® 4s/5/5c/5s/6/6 Plus
iPod® Touch 5
iPad® 3/4/Air/mini
Samsung Galaxy S® 4/5/6
Samsung Galaxy Note 3
Google Nexus 4/5/6
Android 4.3のBLE端末
iOS用Flashアプリは、Bluetooth 4.1搭載のiOS7以降に対応
Android用Flashアプリは、Bluetooth 4.1/Bluetooth Smart搭載のAndroid 4.3 (Jelly Bean) およびそれ以降に対応

同期方法はBluetooth 4.1 / BLE (Bluetooth Low Energy)で、記録を見たいときにアプリ側で「同期」をタップすることで、Misfit Flashから情報を取得する。

MISFIT FLASH

 

日々の活動は下記のように、距離と消費カロリーと歩数が表示される。

MISFIT FLASH

 

その活動量がポイント換算され、表示されるため、もう少し運動しようかという気になる。

MISFIT FLASH

 

Facebookと連携したソーシャル機能もあるため、友人とつながれば活動量のランキングが表示され競い合う事ができる。友人と繋がらない場合は、Ms.Fitという女性が「女性ユーザーの平均」ということで表示される(女性の場合)。

MISFIT FLASH

 

睡眠の状態は、浅い睡眠と深い睡眠を見ることができる。

MISFIT FLASH
MISFIT FLASH

8時間以上寝た時と6時間ほどの睡眠を見比べてみたが、「深い睡眠」が長い日の方が朝の気分はスッキリしていた。ついつい休日は長く寝てしまうのだが、この結果を見て生活を見直すきっかけになった。

 

また、最近リリースされて話題になっている、Yahoo!のスマホアプリmyThingsにも対応している。myThingsに、Misfit Flashで計測した消費カロリーが設定数を超えた時に、指定したメールへ情報を送る機能がある。

myThingsアプリには、「消費カロリーが多い日は奥さんにビールを催促します」とあり、普段面と向かっておねだりできない方にピッタリの組み合わせ、とおすすめしている。

Screenshot_2015-07-28-16-49-45

 

Screenshot_2015-07-28-16-54-09

 

先日、博報堂生活総合研究所が、自分自身の身体に関する大量の情報「マイビッグデータ」に関する意識調査を実施したところ、約7割が積極的に知りたいという結果が出たが、自分の身体について興味を持っている方は多いだろう。

今回Misfit Flashをつけて自分の状態を知ることができ、生活習慣を改めて見直すようになったのは、よいきかっかけだった。価格は現在公式サイトで$29.99と、非常に手が届きやすい価格になっている。日本での発売は7月30日ということで、気になっている方はぜひ気軽に試してみてはいかがだろうか。

Misfit Flash

Previous

東芝製アプリケーションプロセッサがCerevo社のIoT開発キットに搭載

サトー、IoTを実装したプリンティングソリューションを発売

Next