オープン・コネクティビティー・ファンデーションとオールシーン・アライアンスが合併、コネクテッドエコシステムの実現に向け前進

オープンソースプロジェクトのIoTivityを支援するオープン・コネクティビティー・ファンデーション(OCF)と、オープンソースIoTフレームワークのオールジョイン(AllJoyn®)を提供するオールシーン・アライアンスは、両組織の理事会がOCFの名称と規約の下、両組織を合併することを承認したと発表した。この合併により、2つのグループ間のコネクテッドデバイスの相互運用性が改善されるため、IoT運用の可能性を最大限に引き出し、コネクテッドエコシステムの実現に向けて大きく前進することになるという。

合併してできる新グループは、将来的なOCF仕様に加え、オープンソースプロジェクトのIoTivityとAllJoynに関しても連携する。OCFの拡大理事会は、ABエレクトロラックス、アルチェリッキ、アリス・インターナショナル、ケーブルラボ、キヤノン、シスコシステムズ、GEデジタル、ハイアール、インテル、LGエレクトロニクス、マイクロソフト、クアルコム、サムスン電子、テクニカラーという、幅広い一流企業の幹部によって構成されるという。

OCFは、リナックス・ファウンデーションのオープンソースプロジェクトであるIoTivityとAllJoynを支援することになる。両プロジェクトは協業し、それぞれの技術の長所を組み合わせて統合ソリューションにするIoTivity実装において、今後のOCF仕様をサポートしていく。

現時点でIoTivityまたはAllJoynのソリューション上で動作するデバイスは、今後は相互運用性と後方互換性を持つようにするという。業界はこれまで統一IoT仕様を求めていたが、現在いずれかの技術を基盤にIoTソリューションを開発中の企業は、完成製品が統一仕様と互換性があるという自信を持って、そのまま開発を進めることができる。

【関連リンク】
オープン・コネクティビティー・ファンデーション(OCF)
エレクトロラックス(Electrolux)
アリス(ARRIS)
ケーブルラボ(CableLabs)
キヤノン(Canon)
シスコ(Cisco)
GE(General Electric)
インテル(Intel)
LGエレクトロニクス(LG Electronics)
マイクロソフト(Microsoft)
クアルコム(Qualcomm)
サムスン(Samsung/三星)

Previous

エスアイアイ・セミコンダクタ、ウェアラブル機器・IoT機器の低消費電力化を実現するパワーモニタ用出力機能付きLDOレギュレータを発売

社会エリア、インフラ・環境モニタリングなど安心・安全・快適な社会を構築するための提案が集結 ーCEATEC JAPAN 2016 レポート⑤

Next