ネクストセット、ロボット・loT・Microsoft Azureを利用したスタンプラリーシステムを販売開始

Microsoft Office 365(以下、Office 365)の販売代理店である株式会社ネクストセットは、株式会社DMM.comと、株式会社MJIと共同でMicrosoft Azure上で稼働するスタンプラリーシステムを開発、販売を開始した。販売価格は10万円(消費税別、ロボット本体は除く)から。

ネクストセット、ロボット・loT・Microsoft Azureを利用したスタンプラリーシステムを販売開始

各拠点にコミュニケーションロボット(タピア)を配置。Microsoft Cognitive ServicesのFace APIを利用し、顔認証を行う。各拠点のロボットが混雑状況などをリアルタイムに収集し、Microsoft Azure サーバー上で動くIoTハブサーバーに状況を伝達し、Power BIというシステムで利用状況を可視化。Microsoft Cognitive ServicesのRecommendations APIにより、空いている拠点に誘導することで、スタンプラリーの混雑防止を可能にした。ロボットのアプリにスクリプト(台本)のテキストを入力することで、音声によるプレゼンテーション、ナビゲーションも可能で、説明員としても利用できる。

ネクストセット、ロボット・loT・Microsoft Azureを利用したスタンプラリーシステムを販売開始
Tapia(タピア)

ネクストセットは、システム全体の開発とマネージメントを、DMM.comはロボット全体のマネージメントを、MJIはロボット内のコアプログラムの開発をそれぞれ担当。

コミュニケーションロボット向けアプリとして、Office 365 のメール・カレンダーと連携させたオフィスアシスタント機能なども開発済みだという。コミュニケーションロボットは低価格化が進み、今後、企業内でロボットの導入が進むとみられることから、関連アプリの開発を加速させていくという。

【関連リンク】
ネクストセット(NextSet)
マイクロソフト(Microsoft)
DMM.com
MJI
Tapia(タピア)

Previous

HMicroとSTマイクロエレクトロニクス、患者をケーブルから解放するウェアラブル・バイオセンサ・プラットフォームを発表

P&G、アプリ画面で磨き残し箇所を指摘してくれるスマートハブラシ「ブラウン オーラルB ジーニアス9000」新発売

Next