エコバックス、外出先でもスマホで掃除の操作ができる床用ロボット掃除機「DEEBOT R95」発売

家庭用ロボット掃除機のECOVACSが、外出先でもスマホで掃除の操作ができる床用ロボット掃除機「DEEBOT R95」を11月中旬に発売する。

「DEEBOT R95」は、ロボットが部屋の間取りを自動で覚えてスマートフォンで清掃場所を操作できる、スマートフォンに連動できるロボット掃除機。ECOVACS ROBOTICS最新技術のレーザースキャンシステムで部屋の間取りを読み取り、最適な清掃コースで掃除を行うという。さらに、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末にアプリケーションをインストールすることで、部屋の清掃状況を確認できる。

エコバックス、外出先でもスマホで掃除の操作ができる床用ロボット掃除機「DEEBOT R95」発売
部屋を正確に掃除するためのマッピング機能を搭載

アプリケーションには様々な機能を搭載。自動でお部屋を区切り、清掃のエリアを選択して掃除する『エリア清掃』、1m四方の範囲だけを掃除する『スポット清掃』、アプリケーションのマップで進入禁止の境界線を作る『バーチャルボーダー』、複数の清掃時間を設定できる『スケジュール』、他にも機能を多数搭載している。

エコバックス、外出先でもスマホで掃除の操作ができる床用ロボット掃除機「DEEBOT R95」発売
スマホで「掃除したい場所」と「掃除したくない場所」を設定

アプリケーションをWi-Fiに設定をすることで外出先からでも本体の操作が可能になり、家に帰る前や旅行中でも気軽に部屋の掃除ができる。掃除開始時やマップ作成時など、状況をロボットが音声で知らせ、スマートフォンから言語を変更することもできる。

掃除機としての機能も充実しており、自動充電はもちろん、高性能赤外線センサーやサスペンションホイールを搭載して、安全に様々な場所へ使用することができる。DR95の清掃方法は、サイドブラシでごみをかき集め、メインブラシでごみをかき込み、吸引モーターでごみを吸い込み、水拭きと乾拭きを行う、5ステップの清掃。水拭きと乾拭きは取り外し可能で、カーペットの上や畳の上でも安心して使用できる。

ゴミをためるダストボックスは、上部のトップカバーを開けて簡単に取り外してごみを捨てることができるので、日々のメンテナンスも簡単に行える。メンテナンスツールも付属され、定期的なメンテナンスでロボット掃除機を長く使用できるという。

ロボット掃除機 DEEBOT R95 スマートフォン連動モデル

【関連リンク】
エコバックス(ECOVACS)

Previous

P&G、アプリ画面で磨き残し箇所を指摘してくれるスマートハブラシ「ブラウン オーラルB ジーニアス9000」新発売

ココアモーターズ、ノートパソコンサイズの電気自動車「WALKCAR」予約開始

Next