未来型BBQマシーン!肉のIoTを考えるGRILLER、Maker Faire Tokyo 2015にてプロトタイプを展示

2014年、新潟・燕三条のsnowpeakのキャンプ場にて、アウトドアにおけるIoTをテーマとして行なわれたハッカソン『CAMP HACK DAY 2014』。

そのハッカソンにて次世代BBQマシーンを提案し、日産賞を獲得したGRILLERが約2.5キロほどの塊肉を焼くBBQマシーンを目指して、現在はプロトタイプによる実験を行なっている。

●GRILLERの特徴

(1)塊肉を誰でも上手に調理
肉の内側/外側の温度をセンサーで計測し、塊肉のポテンシャルを最大限に引き出す。火力調整も行なえるように検討中。

(2)スマートフォン対応
モータ回転数の調整、肉の温度の確認、BBQパーティ参加者への通知、ミュージックのサウンド・コントロールなどをスマートフォンから実現。

(3)サウンド・システム
グッド・ミュージックをオーディエンスに届けるため、360度をカヴァーするスピーカーを4基搭載。BBQパーティを盛り上げる。

(4)アタッチメント
塊肉だけでなくカレーやシチュー、バームクーヘン、コーヒー豆のロースト等、アタッチメントの交換により様々調理に対応。

(5)Intel Inside
モーターや温度センサーの制御、スマートフォンとの連動など、多種多用なIoT機能を実現するために、Intel Edisonを使用。

 

GRILLERは、今年6月からABBALabとインテルの支援を受け、DMM.make AKIBAをベースに活動している。今回の実験用プロトタイプ・マシーンなどをMaker Faire Tokyo 2015の会場に展示する。

Griller

【関連リンク】
Maker Faire Tokyo 2015

Previous

NTT Com、電力の利用状況から高齢者の生活を見守るサービス 「おげんきりずむ(仮称)」のフィールドトライアルを金沢西病院と共同で開始

アユダンテ、電気自動車の充電スポット検索サービスEVsmartがテスラ デスティネーションチャージングに対応

Next