ヘッドウォータースとチャットワーク、ロボットの実用性と利便性を高めるため連携開始

ロボットアプリ開発・導入を行う株式会社ヘッドウォータースとChatWork株式会社は、ヘッドウォータースが開発するクラウドロボティクスサービス「SynApps(シナップス)」において、ChatWorkが提供するビジネスチャットツール「チャットワーク」との連携を開始した。

ヘッドウォータースが提供しているクラウドロボティクスサービス「SynApps」は、従来の人工知能や機械学習機能に加えて、世界205の国と地域、約11万3,000社以上に導入されているビジネスチャットツール「チャットワーク」と今回連携することにより、コミュニケーションロボットを「より賢く」し、実用性と利便性を高めていくことを目指している。

スマートロボットを運用する場面において、ロボットが行う受付と呼び出しの通知、並びに、ロボットの故障やエラーの通知を「チャットワーク」上で行うことが可能になる。「ロボットでも行える簡単な業務」と「人間で補完する場面」を使い分け、企業や店舗における「スムーズな接客」を実現していくという。

【関連リンク】
ヘッドウォータース(Headwaters)
チャットワーク(ChatWork)

Previous

オムロン ヘルスケア、Bluetoothで血圧データを簡単転送できる「オムロン 上腕式血圧計 HEM-7511T」発売

声を解析し、コールセンターの生産性が向上 -スマートメディカル下地氏インタビュー

Next