FiNC IBM Watsonエコシステムパートナーに選定

ウェルネスカンパニーの株式会社FiNCは、2015年7月30日にソフトバンク株式会社と日本アイ・ビー・エム株式会社が共同で日本語対応版の開発と日本市場への導入を進めるIBM Watsonの(以下「Watson」)の初期エコシステムパートナーに選定された。

Watsonは、クラウド上にある大規模なデータを分析し、自然言語で投げかけられた複雑な質問を解釈して根拠に基づいた回答を提案する「コグニティブ・コンピューティング能力」を商用化した“学習する”システム。

FiNCは、ソフトバンクと日本IBMがWatsonを活用した新しいアプリケーションやサービスを日本市場で導入・展開するために提供する「Watsonエコシステムプログラム」において、Watsonを活用するエコシステムパートナーに選ばれた。

2015年10月に正式募集が開始されるエコシステムパートナーは、Watsonを活用したアプリケーションやサービスを提供する「ビジネスパートナー」と、Watsonの導入コンサルティングやWatsonと接続するアプリケーションの開発などの技術的支援を行う「テクノロジーパートナー」の2つに分類され、FiNCは「ビジネスパートナー」になる。

「ビジネスパートナー」に選定されたことで、意思決定プロセスが複雑なヘルスケアや医療業界において、新たなイノベーションを創出することができると期待している、としている。

また、FiNCとWatsonとのコラボレーションによって、ユーザーの健康改善に必要なアドバイスや、栄養、運動含む正しい生活習慣のリコメンドロジックを向上させ、これまで以上に最適なソリューションをユーザーに提供できるようになるとしている。

 

■ Watsonについて
Watsonは初めてコグニティブ・コンピューティング能力を商用化したもの。クラウドを基盤に提供されるこのシステムは、大規模なデータを分析し、自然言語で投げ掛けられた複雑な質問を解釈し、根拠に基づいた回答を提案する。
http://www.ibm.com/smarterplanet/jp/ja/ibmwatson/(日本IBM公式サイト)

■株式会社FiNC
健康に関する課題解決に必要なノウハウを全て提供するウェルネスカンパニー。
http://www.finc.co.jp

Previous

アユダンテ、電気自動車の充電スポット検索サービスEVsmartがテスラ デスティネーションチャージングに対応

XYZプリンティングジャパン、3Dプリンター「ダヴィンチ」「ダヴィンチJr.」シリーズのWindows 10対応を発表

Next