NECとSASがAIで協業、商品の在庫適正化と欠品回避を実現する需要予測ソリューション販売開始

NECとSAS Institute Japan(以下、SAS)は、AI(人工知能)領域で協業する。

同協業では、NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」(注1)と、SASのアナリティクス・ソリューション「SAS® Analytics」を連携したソリューションを開発・販売。第一弾として、「NEC the WISE」の1つである「異種混合学習技術」と、「SAS® Visual Analytics」「SAS® Visual Statistics」などの分析ソフトウェアやプラットフォーム製品を組み合わせ、商品の在庫適正化と欠品回避を実現する需要予測ソリューションを、11月1日から販売開始するという。

さらにNECは、日本のベンダーとして初めて、SASとクラウド型分析サービスの販売パートナ契約を締結した。同契約を通じて、「NEC the WISE」とSASを組み合せたソリューションを、クラウド型で、2017年4月から提供開始する。これにより、AI技術活用の投資対効果の検証や小規模に導入を始めたい企業に、低コストかつ迅速にシステム環境を提供するという。

昨今、IoTの急速な普及に伴い、増加するデータを、AIを用いて高度に分析・活用し、デジタル経営を実現したいというニーズが高まっている。一方、企業がAIを活用するためには、蓄積されたデータを分析に適した形に加工・統合することが必要不可欠だ。また、AIで分析した結果を、従来の分析手法と合わせて、グラフやダッシュボードなど利用者にとって分かりやすく表現することも重要となっている。「SAS Analytics」と「NEC the WISE」を連携することで、データの統合からAIを活用した分析・可視化まで、スピーディかつトータルにソリューションを提供することが可能になった。

協業概要は以下のとおり。

  • NECの「異種混合学習技術」と「SAS Analytics」を連携した需要予測ソリューションを、11月1日から販売開始。同ソリューションは、過去の販売実績、気象予報、キャンペーン情報など多様なデータを分析することで、商品毎の販売数を高精度に予測し、在庫適正化と欠品回避を実現するもの。「異種混合学習技術」の活用により、大量のデータから人間では発見が困難な多数の規則性を自動で発見し、状況に応じて参照する規則を自動で切り替えることが可能となり、これまで以上に高精度な需要予測を実現する。
  • 顧客ごとに個別にカスタマイズ提供していた「NEC the WISE」のAI技術と、一貫したデータ管理・分析・レポーティング機能を提供するSASの統合プラットフォームを連携したソリューションをトータルに提供することにより、データ分析やAI活用をよりスピーディに開始できるようになる。
  • 今後、「NEC the WISE」に含まれる「テキスト含意認識技術」や「RAPID機械学習技術」とSAS製品を連携したソリューションを順次開発する予定。

(注1)「NEC the WISE」(エヌイーシー ザ ワイズ)は、NECの最先端AI技術群の名称。

【関連リンク】
日本電気(NEC)
SAS

Previous

ルネサス、自動運転の開発を加速する「HAD(高度自動運転)ソリューションキット」を開発

NTTデータグループのリアライズ、AIで企業が持つ法人顧客リストを最適化する「Data-Master」トライアル運用を開始

Next