ダイキンとNEC、AI・IoTを用いて知的生産性を高める空気・空間の実現に向け、共同研究を開始

ダイキン工業株式会社と日本電気株式会社(以下、NEC)は、ダイキン工業の持つ「空気を最適にコントロールする技術」と「空気・空間が人に与える影響に関する知見」をもとに、NECの持つ先進のAI(人工知能)・IoT技術で空調をはじめとした設備を高度に制御することで、知的生産性の高い空気・空間を実現するための共同研究に取り組むことで合意した。

同共同研究は、昨年オープンしたダイキン工業の技術開発拠点、テクノロジー・イノベーションセンターにおいて、実際のオフィスや実験室を活用した実証を通じ、知的生産性を高める空気・空間ソリューションの提供を目指して行うもの。

昨今、オフィス等での知的生産性向上に向けて、最新のAI・IoT技術を活用した、より高度な空調・照明の制御技術や人の快適度の測定など、さまざまな研究開発が進められている。しかし、空間や空気そのものの状態と、それらが人に与える影響・因果関係などは不明確な領域も多く、知的生産性を高めるソリューションの実現に向けてこれらの分析が必要となっている。

ダイキンとNEC、AI・IoTを用いて知的生産性を高める空気・空間の実現に向け、共同研究を開始

今回、両社は協創パートナーとして、空気・空間に関する技術とAI・IoT技術を活用し、「知的生産性を高める空気・空間」という新しい価値を提供するソリューションの実現に向けて共同研究・実証を開始した。

【関連リンク】
ダイキン(DAIKIN)
日本電気(NEC)

Previous

ルネサス、産業機械へのLinux環境の導入を容易にする「RZ/G Linuxプラットフォーム」を開発

ジェイエスピー、「見守りシステム」のスマート化事業でIoTコントローラの小型化とコストダウンを実現

Next