ザイリンクス、Baiduデータセンターの機械学習アプリケーションの高速化に貢献

ザイリンクスは、中国語インターネット検索エンジンのプロバイダーであるBaiduが、中国国内の同社データセンターの機械学習アプリケーションを高速化するためにザイリンクスのFPGAを採用したと発表した。両社は協力して、FPGA ベースの高速プラットフォームの大規模開発をさらに推進していく。

次々と登場する新たなアプリケーションの急成長は、コンピュータのワークロードを増大させており、データ センターは、現実的な電力レベルを維持しながらも、低レイテンシでさらに高いスループットを求める需要を満たすために、アプリケーション アクセラレータへと向かいつつある。

ザイリンクスのFPGAによって、アクセラレータのデータセンター全体への導入が現実のものとなり、単位ワット当たりの性能を10~20倍向上させる電力効率がもたらされる。Baidu向けに最適化された FPGAプラットフォームは、画像処理や音声認識などの機械学習アプリケーション向けにチューニングされている。このプラットフォームはまた、商業的に実現可能な自律走行車を開発するBaiduの取り組みでも活用される見込みだという。

BaiduのデータセンターにザイリンクスのFPGAプラットフォームが導入されると、集中管理された強力なアクセラレータのリソースプールが迅速に構築でき、ユーザー需要に依存する最も要求の厳しいワークロードに対応できるという。

【関連リンク】
ザイリンクス(Xilinx)
バイドゥ(Baidu/百度)

Previous

NRIサイバーパテントとFRONTEO、特許調査におけるAI活用について協業を開始

パナソニック、シーメンスと連携、スマートファクトリーを実現する「統合ライン管理システム iLNB」受注開始

Next