NEC、IoTを活用してサプライチェーン全体の最適化を実現する中堅企業向けソリューションを販売

NECは、主に中堅企業向けに、IoTを活用して収集した情報を企業間でリアルタイムに共有することで、生産・物流・販売をつなぐサプライチェーン全体の見える化や最適化を実現する「サプライチェーンマネジメントIoTソリューション」を製品化し、本日10月27日から販売活動を開始した。

同ソリューションは、個々の企業がIoTを活用して収集した生産進捗や配送進捗、店頭在庫などの情報を、サプライチェーンを構成する企業がクラウド上で共有するデータベースに蓄積することで、取引先の状況を正確に把握した上で自社の業務計画を柔軟に変更することを可能とする。これにより、サプライチェーンにおける無駄を排除し、コスト競争力・スピード感のある企業間連携を実現する。

今回、第一弾として、製造業と物流業で完成品在庫情報を共有し集荷時期を最適化するソリューションと、物流業と小売業で配送進捗を共有し店舗での待機工数を削減するソリューションを提供するという。

価格:月額12,000円から(税別)
提供開始時期:2017年1月

同ソリューションの特長は以下のとおり。

  • 製造業と物流業で完成品在庫情報を共有し、集荷時期を最適化
    段ボールやパレットなどに取り付けたRFIDタグ、センサーを活用し、工場の出荷倉庫に保管された完成品在庫の品番・数量・位置を製造業と物流業がリアルタイムに共有可能とするソリューションを提供。これにより、集荷時期や車両配置の最適化、出荷倉庫のスペース削減などを実現する。
  • 物流業と小売業で配送進捗を共有し、店舗での待機工数を削減
    デジタルタコグラフやスマートフォンなどのGPS対応機器から収集した配送車両の位置情報を基に、出荷から配送完了までの配送進捗や店舗への到着予測時刻などを物流業と小売業がリアルタイムに共有可能とするソリューションを提供。これにより、配送先の店舗における荷受け要員の待機工数の削減などを実現する。

NECは今後、小売業の店頭在庫や販売状況、顧客動向などの情報を製造業や物流業と共有可能とすることで、生産量や店頭への配送時期の最適化などを実現するソリューションの提供も予定しているという。

【関連リンク】
日本電気(NEC)

Previous

さくらインターネットとシステムソフトの合弁会社S2i、賃貸物件向けスマートロックの提供に向けてtsumugと業務提携

インフォメティス、AIでブレーカーから家電の使用状況を推定できる「うちワケ」の販売契約を丸紅と締結

Next