東芝、IoTとサイバーフィジカルシステムを活用した装置遠隔監視・モニタリングクラウドソリューション「Meister Visualizer Suite for O&M」提供開始

株式会社 東芝は、次世代ものづくりソリューション「Meister」シリーズの新サービスとして、IoTとサイバーフィジカルシステム(注1)を活用した装置遠隔監視・モニタリングクラウドソリューション「Meister Visualizer Suite for O&M」を本日10月27日から販売開始した。同ソリューションは、製造装置の使用局面におけるIoTデータと構成情報、保守履歴、保守に関する文書などのライフサイクルデータを統合し、見える化することで、迅速な保守対応を可能にし、装置の停止時間を極小化する。

製造現場では、稼働中の製造装置に故障や異常が発生し、装置や関連する製造ラインが停止した場合、停止した装置を早期に復旧することが求められる。同ソリューションは、製造工程における各装置の稼働状況や、仕様・部品構成、保守履歴などの装置に関連する情報を集約してワンストップで装置管理者に提供し、装置の遠隔監視をサポートする。これにより、故障の予兆を検知し、異常発生時には迅速な関連情報を収集することで、早期復旧を可能にするという。

Meister Visualizer Suite for O&Mの特徴は以下のとおり。

  • オールインワンのパッケージで提供
    データ収集から蓄積、視覚化までを迅速に行うクラウドサービスとして、装置の遠隔監視に必要な機能をオールインワンのパッケージで提供。システム構築期間を大幅に短縮可能だという。
  • 製品に関連するさまざまな情報を集約
    同ソリューションに付属しているものづくり情報プラットフォーム「Meister DigitalTwin」上に稼動状況や機器構成・部品交換履歴などの関連情報を集約。地図画面、装置監視画面、機器構成・部品交換履歴画面、KPI(注2)表示画面などにより、異常発生時の適時適切な判断、迅速な対応をサポートする。
  • リアルタイムでの異常検知と迅速な対応
    エッジコンピューティング(注3)を実現し、現場に近い場所でのリアルタイムなアクションが可能。現場での異常検知や異常の予兆検知、それに対応した素早いアクションを、ミリ秒単位の高速処理で行う。また、必要な情報のみをクラウドに送信することで通信量の削減にも貢献する。

価格は以下のとおり。
・初期導入費用 : 300万円~
・月額費用 : 90万円~ (デバイス10式、データ容量150GB、同時接続ユーザ5名分)

注1 サイバーフィジカルシステム(CPS) : 実世界の事象をセンサーネットワークなどを通じてデジタル上に再現したものに対し、大規模データ処理技術などを駆使して分析・知識化することで、最適な情報や解決策を創出する仕組み。ドイツで提唱されているIndustrie4.0でのキーテクノロジー。
注2 KPI : key performance indicator。企業や組織の目標達成の度合いを評価するための定量的指標。
注3 エッジコンピューティング : データが収集される現場の近くのデバイスにエージェントソフトウェアを組込み、必要なデータのみクラウドに送信することで、リアルタイム処理や通信負荷の低減を実現する技術。

【関連リンク】
東芝(TOSHIBA)

Previous

オプティム、AIを活用した画像解析によるリアルタイム空席検知サービスを発表

IDC、デジタルトランスフォーメーションの実現のため柔軟性や伸縮性の高いITインフラストラクチャを構築することが重要と発表

Next