自動車IoTのGMS、第三者割当増資を実施  国内外でIoTサービスプラットフォームサービスを展開するため 3億円を調達

自動車IoTのベンチャー企業、グローバルモビリティサービス(以下「GMS」)は、SBIホールディングス株式会社の子会社で、ベンチャーキャピタルファンドの運用・管理を行うSBIインベストメント株式会社が運営する投資事業有限責任組合を引受先とする3億円の第三者割当増資を実地した。

 

GMSは、独自開発のIoTプラットフォームシステムをベースとして、車載デバイスにより収集する各種車両情報を活用し、Web API解放を通じたアプリケーションサービスを提供する。

遠隔起動制御技術を強みとするGMSは、自動車の起動を制御することで、先ず与信審査が通らない利用者に対しても車両提供を可能にする画期的なサービスをスタートする。リース会社などの金融機関等と連携し、自動車リースの与信審査を省略することによる新たなファイナンス機会を創出する他、運転挙動連動型のテレマティクス自動車保険、盗難防止をはじめとしたセキュリティ向上など、遠隔制御により実現する様々なサービスを、日本国内及びアジア地域において提供します。

GMSが現地法人を設立したフィリピンにおいては、同国最大の通信キャリアや入金センターや電力グループ等と既に提携をしており、現地リース会社とも連携してBOP層の方々へ車両を提供するサービスを構築し、2015年秋よりサービス提供を行う。

 

【関連リンク】
Global Mobility Service株式会社
http://www.global-mobility-service.com

Previous

ボッシュ、安全な自動運転の未来へ向けTomTomと提携

ブックオフコーポレーション、ブログウォッチャー、電通ブルーの3社協業によるBeaconを活用した日本最大規模のO2Oキャンペーン施策

Next