ジービーエー、MQTT対応のエッジ側データ分析/DB登録用ミドルウェア「SARA」を開発

株式会社ジービーエー(以下、GBA)は、IoT向けのエッジ/ゲートウェイ側におけるMQTTプロトコルに対応した、データ分析/データベース登録用ミドルウェア「SARA」を開発した。

MQTTは、HTTPと比較して10~100倍のスループット、10分の1以下の消費電力と言われている超高速、且つ軽量な通信プロトコル。MQTTは1対多、多対多、双方向の非同期通信が容易にできることから、必要なときに必要なだけのデータ連携を実現するシステムへの適応性に優れている。また低消費電力での稼働が可能なことから、モバイル環境(WiFi/3G・4Gなど)での利用も効果的だという。

SARAをエッジ/ゲートウェイ側のデータベースと連携して利用することで、センサーデータを全てクラウドにアップロードせずに、一次分析処理(フィルタリング、統計処理など)後の必要なデータのみをアップロードすることが可能となる。それにより、通信パケットやクラウド側のCPU/メモリなどのコストの削減となる。さらに、MQTT対応のセンサーやMQTT対応の他システムとSARAを組み合わせることにより、その部分の通信が劇的に高速化され、超高速なデバイス制御を必要とするシステムでの利用に有効だという。

GBAの技術者は、25年にわたり組込みデータベースの開発、実装、サポートを行っており、GBAは蓄積されたデータベース技術と経験をもとに製品の研究開発や提供、技術コンサルティングを行っている純国産のデータベース専門メーカーだ。国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のIoT推進のための「超低消費電力データ収集システムの研究開発」にも参画し、「インテリジェントデータベース技術の研究開発」を行うことが決定している。

GBAの主力製品である速くて軽いエッジ/ゲートウェイ側のインテリジェンスDBと、MQTTを利用したセンサーネットワークをより効果的に利用するためのソフトウェアとして、SARAの開発は始まった。現在、IoTの普及に伴い、MQTTに対応したセンサーは多く開発されているが、それに対応したエッジ側の環境はまだまだ整っていないという。SARAは今後到来する本格的なIoT時代のエッジ/ゲートウェイ側のデファクトスタンダードなデータ分析/データベース登録用ミドルウェアを目指して、2017年1月の製品化を予定している。

今後、以下の対応を行っていく予定だという。

  • 対応機器:各種ゲートウェイ機器
  • 対応OS:Linux、WindowsCE
  • 対応DB:各種組込みデータベース

今後クラウド側にMQTTを利用したアプリなどが出てきた場合は、そのアプリとの連携も積極的に進めていくという。

GBAはSARAを製品化し、インターネット回線事業者やロボットメーカーと連携し、IoT化を進めるFA(Factory Automation)関連企業や計測器メーカー、ヘルスケア製品メーカー、農業分野への導入を進めていくという。

【関連リンク】
ジービーエー(GBA)
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)

Previous

阪神高速と富士通交通・道路データサービス、商用車の走行データを活用した交通分析手法を確立

ボッシュ、二輪車でスマートフォンのアプリが利用できる「mySPIN」を発表

Next