人工知能・ロボット・ヘルスケアベンチャーのセブンドリーマーズ、60億円の大型資金調達を実施

人工知能・ロボット・ヘルスケアベンチャーのseven dreamers laboratories株式会社(以下、セブンドリーマーズ)は、パナソニック株式会社、大和ハウス工業株式会社、SBIホールディングス株式会社の子会社で、ベンチャーキャピタルファンドの運用・管理を行うSBIインベストメント株式会社が運営するファンド等を引受手とした第三者割当増資、技術開発提携及び販売提携により、60億円の資金調達を実施したことを発表した。

セブンドリーマーズは「世の中にないモノを創り出す技術集団」で、全自動衣類折りたたみ機「laundroid-ランドロイド-」の開発を進めてきた。ランドロイドは、「人工知能」・「ロボティクス」・「画像解析」の3つの先端技術を融合したロボットで、2017年の発売に向け、製品化の最終ステージに入った。また、セブンドリーマーズは、いびきのない快眠をサポートする新しい医療機器「ナステント」や、宇宙品質で作る完全オーダーメイドの「カーボンゴルフシャフト」を開発し、事業展開している。

【関連リンク】
セブンドリーマーズ(seven dreamers)
パナソニック(Panasonic)
ダイワハウス(DaiwaHouse)
SBIホールディングス(SBI HD)
SBIインベストメント(SBI Investment)

Previous

IDC、2020年にかけてIoTとコグニティブが「収集可能なデータの最大化」「有効活用可能なデータの最大化」をけん引と発表

経済産業省、IoT関連技術の特許分類を世界に先駆けて新設

Next