「IoT検定」海外でも実施、日本国内150会場、全世界160ヵ国が対象

“IoT検定”を主催するIoT検定制度委員会は、世界中に試験会場ネットワークを有するプロメトリック株式会社とグローバル契約を締結し、2016年12月から日本国内で、2017年には全世界で試験を開始する。

IoT検定制度委員会は、IoT社会におけるIoT人材育成に関する課題を解決するための方法の一つとして中立な立場でIoTの知識やスキルを学ぶためのスキルマップを定義し、また認定する試験「IoT検定」を制度化した。IoTに関する知識だけを問うのではなく、試験範囲には企業戦略やビッグデータ・人工知能などの成長技術分野も含まれている。

IoT検定は2016年5月から東京・大阪の2会場で限定的に実施し、毎月10開催日以上の受験日程で行われてきた。しかし、全国各地での実施の要望があり、また勤務時間後、週末土日開催など、様々な希望も寄せられてきたため、2016年12月からプロメトリックの試験会場ネットワークで全国展開をすることになったという。

これにより、日本国内の試験会場150ヵ所以上で、毎日IoT検定が実施できるようになる。またプロメトリックが有する160ヵ国8,000ヵ所の試験会場を活用することでグローバルな規模での展開も可能となり、2017年は海外での試験も始める予定だと発表した。

国内の主なスケジュールは以下のとおり。

2016年12月12日(月):IoT検定の受験予約開始
2016年12月19日(月):全国150会場で試験開始

【関連リンク】
IoT検定制度委員会
プロメトリック(Prometric)

Previous

ファーウェイ、スマートシティの発展を加速させる戦略と新たなICTソリューションを発表

Acer(エイサー)のクラウド一体型スマートビジネスソリューション ET/IoT Technology総合技術展 2016 レポート③ 

Next