東芝、リストバンド型生体センサ「Silmee™ W20」「Silmee™ W21」を発売

株式会社 東芝は、生体センサ「Silmee™」シリーズの新商品として、従来品「Actiband™」に会話量測定や食事時間検出などの新機能を追加したリストバンド型生体センサ「Silmee W20」と「Silmee W21」を発売すると発表した。

「Silmee W20」は、本日よりAmazon、Yahoo!ショッピング、楽天市場での購入受付を開始し、9月下旬の出荷を予定している 注1。さらに、GPS機能を搭載した「Silmee W21」については、9月下旬に購入受付を開始し、11月初旬の出荷を予定している 注1。
 

 新商品は、会話量測定、食事時間検出、位置情報 注2、ボタン操作による第三者への緊急連絡、脈拍測定、紫外線量測定、皮膚温度測定などの新機能を搭載。これらの取得情報やライフログを記録することで自分自身のからだの見守りに活用できる。また、記録したライフログは第三者と共有することが可能 注3。さらに、企業向け拡張機能として、体調不良などでセンサが異常値を検出した場合に、予め登録した相手に緊急通知をすることができる。

 バッテリー持続時間については、当社の半導体事業で培った独自の信号処理技術や、測定情報のセンシング頻度の最適化により、動作時の消費電力を最小限に抑え、従来商品同様、2週間の連続使用を実現したという 注4。これにより、旅行先や出張先など外出先でも充電を気にせず使用することができる。新商品は、市販の腕時計用バンドの規格と互換性があるため、季節や気分に合わせて好みのバンドに交換することもできる 注5。

 同社は、これまで生体センサ関連の商品として展開している活動量・睡眠・食事などを記録できる、リストバンド型活動量計「Actiband」及び貼付け型生体センサ「Silmee™ Bar type Lite」 注6を、今後は「Silmee」シリーズとしてブランドを統一し、目的に応じた幅広いラインアップを展開していくという。また、大学・研究機関・企業と協力し、センシングした身体情報やライフログを利活用したさまざまな価値創造を図るとしている 注7。

 なお、当社が国立大学法人大分大学(以下、大分大学)と共同で実施する「認知症のなりやすさ」と身体情報・生活習慣との因果関係を解明する実証研究において、本商品を使用する 注8。

注1 出荷開始日は確定次第、商品サイトにて通知。
   http://www.toshiba.co.jp/healthcare/silmee_w20/
注2 「Silmee W21」は、本体に搭載されたGPSによりユーザ位置を特定。
注3 相手側のスマートフォンに専用アプリケーションをインストールし事前に連携する必要がある。
注4 使用条件により異なる場合がある。
注5 一般的な腕時計の本体部とサイズが異なるため、バンド部のサイズが合わない場合がある。
注6 貼付け型生体センサ「Silmee™ Bar type Lite」[2015年5月販売開始] 注7 企業向けには別途初期導入価格を抑えて使用可能な仕組みを提供予定。
注8 大分大学との認知症予防に向けた実証研究について
   プレスリリース http://www.toshiba.co.jp/about/press/2015_04/pr_j1601.htm

新商品の主な仕様
東芝、リストバンド型生体センサ「Silmee™ W20」「Silmee™ W21」の発売
注9 Amazon、Yahoo!ショッピング、楽天市場でご購入いただける一般消費者向け価格。

Previous

エフセキュア、Apple Watchユーザのプライバシー保護を簡単に

JAL、NTTcom、東レ、IoTを活用した作業者安全管理サービス実用化に向けて 那覇空港にて共同実証実験を開始

Next