エスキュービズム、IoTの仕組みを用いてモノをマネタイズし、新しい収益モデルを作り出すビジネスプラットフォーム「Orange IoT」をリリース

株式会社エスキュービズムは、IoTの仕組みを用いてモノをマネタイズし、新しい収益モデルを作り出すビジネスプラットフォーム「Orange IoT」を本日11月22日にリリースした。導入第一号として、株式会社ビジョンに同ビジネスプラットフォームを提供。多言語対応・決済機能を盛り込んだセルフレジKIOSK端末「Smart Entry(スマートエントリー)」として、「グローバルWiFi」羽田空港店(京急羽田空港国際線ターミナル駅2階)に導入される。

テクノロジーの進化が日常化した時代の到来により、これまでのビジネスモデルが変容しつつある。モノを売るフロー型ビジネスはかつての勢いを失い、ソフトウェア配信を端に発するサービス提供型のストック型サービスが台頭しはじめている。なかでも利用課金ビジネスが注目され、サブスクリプションサービス、シェアリングエコノミーといった新たな考え方をベースとしたビジネスに取り組む企業も増えてきた。

エスキュービズムは、これまでにEC-Orange、EC-Orange POS、IoT製品等の開発を通じて企業の売上拡大に貢献することで、こうした変革への障壁を突破するノウハウを蓄積してきた。その実績とノウハウを活かして開発したのが、モノに課金する新しいビジネスプラットフォーム「Orange IoT」だ。「Orange IoT」は、そのプラットフォーム上でデータベースやAPIを機能パーツとして自由に組み合わせることができる。そのため、通常のビジネスプラットフォーム構築と比べて短期間で開発することが可能だという。

「Orange IoT」は、基幹システムとの連携や顧客情報との連携を行い、新たな決済の仕組みを付与したり、複数のシステムで管理している情報を1つの管理画面で一元管理したりすることができる。ビジネスプラットフォームを構築するうえで必要な機能メニュー(顧客管理、予約管理、課金管理、デバイス管理など)を実装している。民泊やシェアオフィスに代表される不動産の時間貸しをはじめ、カーシェアリング、通信販売での定期購入、店舗やチケットショップのオートメーション(無人化)といったビジネスで特に力を発揮する。

エスキュービズム、IoTの仕組みを用いてモノをマネタイズし、新しい収益モデルを作り出すビジネスプラットフォーム「Orange IoT」をリリース
Orange IoTで実現できる新しいビジネスイメージ

「Orange IoT」と組み合わせが可能な同社IoTプロダクトは以下のとおり。(一部抜粋)

【関連リンク】
Orange IoT
エスキュービズム(S-cubism)
ビジョン(Vision)

Previous

パナソニックとNIMS、次世代太陽電池や蓄電池の材料技術・高度解析手法などを研究するセンターを開設、研究成果をIoT・ロボティクス領域に活用

OFF Line、徘徊者早期発見訓練で「みまもりビーコン」「Lora方式自立飛行ドローン検知」による実証実験に成功

Next