オベルチュール・テクノロジーズが欧州と米国の2カ所にデータセンターを新設、デジタルセキュリティーソリューションをホスティングして運用

組み込みセキュリティーソフトウエア製品/サービス/ソリューションを提供するオベルチュール・テクノロジーズは、需要が拡大するデジタルセキュリティーソリューションをホスティングして運用するために、欧州と米国の2カ所に最先端のデータセンターを新設した。これらのデータセンターは、オベルチュール・テクノロジーズのデジタルファクトリーの中核を成していく。

モバイル決済(金融サービス機関/モバイルネットワーク事業者向け)とIoT(自動車など)で同社が成長してきたのは、セキュアなリモート管理プラットフォームとソリューションに対する需要が高まってきたことを意味するという。これを受けて、同社はルーマニアのブカレストと米国ワシントンの新しいデータセンター2カ所に投資した。それぞれ240m2と265m2あり、下記の最先端技術を備えている。

  • 各プラットフォームタイプ(金融サービス、NFC決済、サブスクリプション管理、IoTなど)専用の高度なセキュリティー領域を確保
  • マネージドサービスとセキュアなクラウド環境で数多くの顧客プラットフォームを運用可能
  • GSMAの仕様と複数のセキュリティー認証(PCI-CP、VOTA、VCBP、PCI-TSPなど)に準拠
  • データセンター間のリンクとリモートバックアップレプリケーションを用いた災害復旧機能
  • 24時間年中無休の運用とモニタリング

これらのデータセンターの開設によって、オベルチュール・テクノロジーズのデータセンターネットワークが強化され、特にセキュリティーのクラウドSaaS(サービスとしてのソフトウエア)モデルで基幹業務ソリューションの運用やホスティングを行うと、同社はさらに優れたサービス可用性と拡張性を実現できるという。

【関連リンク】
オベルチュール・テクノロジーズ(Oberthur Technologies)

Previous

OFF Line、徘徊者早期発見訓練で「みまもりビーコン」「Lora方式自立飛行ドローン検知」による実証実験に成功

Galaxy、リアルウォッチデザインと堅牢性を兼ね備えたウェアラブル端末「Galaxy Gear S3 frontier」発売

Next