エンルート、「LASTEXILE」ヴァンシップ型リアルドローン製作プロジェクト始動

株式会社エンルートは、株式会社ゴンゾと、ヴァンシップの形状をリアルに再現した、実際に飛行するドローンの製作を開始した。

2003年に全26話を放映し、日本だけでなく世界中で人気を博しているTVアニメーション「LASTEXILE」に登場する、小型飛行機械『ヴァンシップ』をテーマとしたプロジェクト「ヴァンシップ・プロジェクト」が、ゴンゾを中心に11月22日(火)より始動した。

そのプロジェクトの第1弾としてヴァンシップの形状をリアルに再現した実際に飛行するドローンの製作が決定。エンルートはこのプロジェクトにドローンメーカーとして参画。産業用ドローンで培った高度な技術を駆使することで、アニメの世界の乗り物を実際に飛行可能なモデルとして誕生させることに大きく寄与すると同時に、ドローンが持つ無限の可能性をエンターテイメントの領域においても立証する。

商品名:「VANSHIP -タチアナ機イメージモデル-」
価格:198,000円(税抜)(予定)
2016年12月1日(木)より、GONZO公式ショップ「ゴンゾスタイル」他にて予約開始。

Previous

大和ハウスグループのフレームワークス、データセクションとAIを活用した物流最適化の共同研究を開始

ABEJA、AI・IoT 活用によるイノベーション創出を目的として「ABEJA Platform Open」のパートナーを募集

Next