ソラコム、データ収集・蓄積を支援する新サービス「SORACOM Harvest」11月30日より提供開始

株式会社ソラコム(以下、ソラコム)は、IoT 通信プラットフォーム「SORACOM」に、IoT デバイスのデータの収集・蓄積を支援する新サービス「SORACOM Harvest」を 11月30日より提供開始することを発表した。

SORACOM Air から、Beam、Canal、Direct、Door、Endorse・・・とアルファベット順に追加されてきたサービスもついにHを迎え、「SORACOM Harvest」と名付けられたサービスがリリースされた。

「SORACOM Harvest」は、IoT デバイスからのデータ収集および蓄積を支援するサービスとなっており、利用者はデータ通信 SIM「SORACOM Air」を挿した IoT デバイスから、センサーデータや位置情報等を、モバイル通信を介して容易にクラウド上の「SORACOM」プラットフォームに蓄積することができるようになっている。

この保存されたデータには受信時刻やSIMのIDが自動的に付与され、「SORACOM」のユーザーコンソール内で、グラフ化して閲覧したり、APIを通じて取得することができる。

つまり、利用者は IoT デバイスと 「SORACOM Air」 があれば、別途サーバーやストレージを準備しなくても、データの送信、保存から可視化まで簡単に実現することができるのだ。なお、データ送信プロトコルは、HTTP、TCP、UDP に対応している。

もちろん、より本格的なデータ収集・分析を行いたい場合には、「Harvest」からデータをAPI取得し、転送、もしくは「Beam・Funnel・Canal」などのサービスを通じて、任意のタイミングで他のクラウドやストレージにデータを移行し、利用者自身でデータ分析基盤を構築することも可能だ。

「SORACOM Harvest」の詳細

1.SORACOM Harvest
データ収集・蓄積サービス 「SORACOM Harvest」

2.特徴
-「SORACOM Air」 経由のデータは、別途サーバーやストレージを準備することなく、
「SORACOM」上で、データの送信、蓄積
-「SORACOM」ユーザーコンソール内で、データを可視化・グラフ化

3.利用方法
SORACOM ユーザーコンソールから設定

IoTNEW20161130update_harvest_userconsole3

SORACOMユーザーコンソール内でグラフ表示

IoTNEW20161130harvest_userconsole2

 

4.利用料金

利用料金 5円 / 日・SIM1枚あたり
– 1日2,000回の書込み料金を含む (参考: 1分に1回の送信で 1,440回)
– 2,000回を超えると、1リクエスト0.004円

無料利用枠あり
– 1アカウントにつき、上記 5円/日の1枚分無料

【関連リンク】
ソラコム
SORACOM Harvest サービス詳細

Previous

ソラコム、11月30日から米国でサービス提供開始 ~米国で「SORACOM Air」の購入が可能になったことを発表

富士通、世界最速クラスのディープラーニング基盤と、業種・業務に対応したAIサービスを提供

Next