STマイクロエレクトロニクス、IoT領域を拡大するSigfoxグローバル・ネットワークに対応した低消費電力・長距離無線ICを発表

多種多様な電子機器に半導体を提供する半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(以下ST)は、IoT機器向けに最新の無線ICを発表した。同製品は、最長10年間バッテリ交換無しで動作するようなネットワーク接続型のスマート機器向けに、非常に優れた電力効率を発揮しているという。

STの新しいS2-LPトランシーバICは、警報システム、防犯装置、スマート・メータといった、ネットワーク接続型機器や、ローカル・ゲートウェイを使わずに遠隔センサなどの機器をクラウドに直接接続する長距離無線リンクに適している。その他、ビル・オートメーション、産業用モニタ/制御システム、スマート・シティにおける照明、交通、駐車管理システムなどのアプリケーションがある。

この新製品は、免許不要のSub-1GHz周波数帯を使用し、各国での使用が可能だ。超狭帯域動作により、無線スペクトルの高効率利用、および低消費電力の信号を使用した長距離の高信頼性データ交換が可能になる。

さらに、このトランシーバICは、何十億台ものセンサおよびスマート機器向けに優れたコスト効率と電力効率の高信頼性通信ソリューションを全世界に展開しているSigfoxグローバル・ネットワークに対応している。

S2-LPトランシーバIC(長距離・低レート・データ転送)は現在量産中で、QFN24パッケージ(4 x 4mm)で提供されます。単価は、1000個購入時に約1.15ドル。

技術情報

高集積なS2-LPトランシーバICには、低消費電力RFアナログ設計、無線ベースバンドを含むデジタル・ブロックとの一体化など、広範にわたるSTの優位性が活用されている。

  • ポイント・ツー・ポイント型、スター型およびメッシュ型のネットワーク・トポロジに対応し、ネットワーク接続型デバイス向けの柔軟な無線トランシーバ
  • 6.7mA(受信モード)および10mA(10dBm送信時)という超低消費電力で、スリープおよびスタンバイ・モード時には、わずか600nAおよび350nAまで減少
  • -130dBmのレシーバ感度により、環境次第で数百キロメートルの通信が可能
  • Sub-1GHzの複数のISM周波数帯向けにプログラム可能な柔軟なソリューションで、Sigfox、WM-Bus、6LowPAN、また、家庭用エネルギー管理システムに適したIEEE 802.15.4gに対応
  • 消費電力に配慮したIoT機器で実績のあるSTM32マイコン、および試作ボードや豊富なソフトウェア・ツールとリソースを含む大規模なSTM32開発エコシステムと互換性のあるSoftware Development Kit(SDK)の活用が可能
  • Sigfoxグローバル・ネットワークとの迅速な接続を可能にする、評価・試作開発向け開発キット(認証済み)が付属
  • Previous

    IBMとNVIDIA、世界最速ディープ・ラーニング・エンタープライズ・ソリューションで提携

    シャープ、島根県津和野町で高齢者支援の実証実験を開始

    Next