ノバルス、スマホで乾電池をコントールできる乾電池型IoT「MaBeee(マビー)」アプリケーション機能強化、クリスマスシーズンも楽しめる

ノバルス株式会社は、スマートフォンでコントロールできる乾電池型IoT「MaBeee(マビー)」において、2016年11月30日、アプリケーションの新機能を追加した。

乾電池型IoT「MaBeee」は、Bluetoothでスマートフォンと連携し電池の出力を制御できる単三電池型の製品だ。2016年8月より、希望小売価格4,980円(税別)で販売している。MaBeeeの中に市販の単四電池を入れ、専用のスマートフォンアプリで電池の出力を操作する。ミニ四駆、電車玩具、LEDライトなどの単三電池駆動の製品にMaBeeeを入れると、玩具の走るスピードやライトの明るさなどをスマートフォンで直感的に操作できるようになる。

[media id=’41864′]

今回、アプリケーションの機能強化(※1)により、主にLEDライトなどの照明製品をコントロールするモードが新たに加わった。これにより、明るさの強弱と点灯のタイミングをアプリで自由に設定できる。
 

[media id=’41865′] 現在、乾電池式のクリスマスツリーやイルミネーション用のライトが数多く市販されている。これらにMaBeeeを使用し、フラットモードで点灯するライトの明かりを緩やかにして空間を演出したり、ウエーブモードでライトの点滅を設定しイルミネーションを楽しんだりできる。

また、従来の声モードで音楽に合わせてライトの明るさが変わるのを楽しんだり、時計モードでサプライズの演出時にスマートフォンでライトを操作できる。クリスマスならではのさまざまな演出が可能だ。

[media id=’41866′]

◆2016年12月末までに展開(予定含む)の販売店舗一覧

◇店舗など(五十音順)
エディオン/コジマ/上海問屋/ソフマップ/ツクモ/トイザらス/ドンキホーテ/ノジマ/ビックカメラ/ポポンデッタ/三越日本橋本店 ※2/リブロ

◇ECサイトなど(アルファベット順、五十音順)
amazon.co.jp/AppBank Store/Makuake EC/アスキーストア/コープデリ(コープネット事業連合)/ヨドバシ・ドット・コム

取り扱い店舗最新情報
※リリース文中に記載の店舗で、HPに記載のない店舗は今後取り扱い開始次第、順次更新。

※1:iOS8以上/Android4.4以上
※2:本館7階Hajimarino cafeにて、2016年11月30日~12月13日の期間限定で販売される。

Previous

パイオニア、さまざまな業務機能を一元管理できる業務機能統合ユニット「B.PROカーナビ」を発売

日本ユニシス、映像監視サービスをリニューアルし、「スマートユニサイト」を提供開始

Next