トヨタ、ナビゲーションアプリ「TCスマホナビ」の無料提供を開始、災害時に備え独自の交通情報を常時掲載

トヨタ自動車(株)は、新しいスマートフォン向けナビゲーションアプリ「TCスマホナビ」の提供を、12月1日より無料にて開始する。

トヨタは、これまで、スマートフォン向けナビゲーションアプリとして、車載通信機(データ・コミュニケーション・モジュール、以下 DCM)等を通じて車両から収集されたビッグデータに基づく、トヨタ独自の渋滞情報「Tプローブ交通情報」を掲載し、渋滞を回避するルートを案内する「T-Connectスマホアプリ」を有料※1(2500円/年)で提供してきた。

一方、災害時の救援活動を支援する目的で、同じくビッグデータに基づく通行実績情報を、「通れた道マップ」として、無料にてWebサイトにて公開し、スマートフォンでの閲覧も可能としている。

今回、新たに提供を開始する「TCスマホナビ」は、従来のナビゲーション機能の視認性・操作性を一層高めるとともに、「Tプローブ交通情報」や「通れた道マップ」を常時掲載。幅広い顧客に、安心・便利な移動支援サービスを届けしながら、これらの情報に平常時から慣れ親しみ、災害時においては有効に活用して頂くことを狙いに、無料で提供することとした。

さらに、今回の「TCスマホナビ」では、大規模災害発生時においては、「通れた道マップ」に「被災地の航空写真※2」を表示することを可能としたほか、来夏には、「通れた道マップ」を反映したナビゲーションのルート探索機能を追加するなど、災害対策機能を強化する。

また「TCスマホナビ」は、外部の様々なサービス事業者とオープンに連携する場としても活用を進めていく計画。その第1弾として、駐車場シェアリングサービス事業者のakippa株式会社が提供するサービスと連携し、駐車場の検索・予約、ならびに予約した駐車場までのナビゲーションを提供する。さらに今後は、パーク24株式会社が展開する同様のサービスとも連携を進める予定。

TCスマホナビの特長

トヨタ独自のナビゲーション機能
トヨタ独自のリアルタイム交通情報「T-プローブ交通情報」の表示のほか、交差点での拡大図表示や交差点名の読み上げなど、見やすい地図とわかりやすい音声によってルートを案内。アプリを利用するにあたり、利用料は一切無料。

駐車場シェアリングサービスと連携。アプリから駐車場を予約できる
昨今のクルマの使用環境の変化に伴い、全国の月極や個人の駐車場を一時利用できるサービスとして発展している駐車場シェアリングサービス。TCスマホナビは、まずはakippa株式会社が提供するスマートフォンでの検索、予約サービスとの連携を開始。さらに今後は、パーク24株式会社が展開するサービスとも連携を進める予定。

災害発生時に、被災地域の交通状況がわかる「通れた道マップ」が閲覧できる
「通れた道マップ」は、被災地の救援、復旧に向けた活動に役立つ情報を提供すべく、トヨタがDCM搭載車両等より収集した情報をもとに、「通れた道」や「Tプローブ交通情報(渋滞・混雑)」などをリアルタイムに公開してきた。

今回のアプリ提供開始に合わせ、災害時によりわかりやすい情報提供を行うべく、「通れた道マップ」を改良。平時は「通れた道」と「交通規制情報※3」を表示し、大規模災害発生時には「渋滞・混雑情報」に加え、「被災地の航空写真」も合わせて表示することが可能となったほか、複数地域での災害発生時には、表示エリアを選択して閲覧することができるようになった。

TCスマホナビ概要

正式名称: TCスマホナビ
開発・運営: トヨタ自動車(株)
提供: トヨタメディアサービス(株)
対応端末: iPhone、Android
サービス地域: 日本
対応言語: 日本語
サービス開始日: 2016年12月1日
価格: 無料

※1 「T-Connectスマホアプリ」のナビ機能については、12月1日以降の新規販売を停止。テレマティクスサービスの契約者は、引き続き利用可能
※2 株式会社パスコが提供する航空写真
※3 日本道路交通情報センター(JARTIC)/道路交通情報通信システムセンター(VICSセンター)の情報をトヨタメディアサービス(株)が提供

Previous

キーサイト・テクノロジーとCommSolid社がNB-IoT接続のデモに成功

IBMとNVIDIA、世界最速ディープ・ラーニング・エンタープライズ・ソリューションで提携

Next