SOTI、IoTとエンタープライズモビリティ分野における 国内での新規顧客獲得とパートナーシップ拡充を発表

エンタープライズモビリティマネジメント(EMM)分野のSOTI Inc.(本社:カナダ・オンタリオ州ミシサガ)は、IoTとエンタープライズ分野における日本国内での新規顧客獲得とパートナーシップ拡充を発表した。

エプソン、インターピア、ペネトレイト・オブ・リミット、サトーホールディングス、ソリトンシステムズの各社は、組織内で活用するコネクテッドデバイスの管理に「SOTI MobiControl」を導入し、同ソリューションの高度なモビリティ管理を活用したサービスを提供していく。

SOTIは、現在、JAPACにおける研究開発や販売・技術サポートに対応するための拠点設立など、日本・アジア太平洋地域(JAPAC)におけるプレゼンスを拡大している。

今回の新規顧客獲得とパートナーシップ拡充に関するハイライトは以下の通り。

– エプソンは、同社のAndroidベース、業務用次世代スマートアイウェア/スマートヘッドセットであるMOVERIO Proのセキュリティ認証および管理の提案にSOTI MobiControlを採用した。視覚的なコミュニケーション、ハンズフリーオペレーションが可能なMOVERIOの活用を、製造、建設、観光、フィールドサービスなどの顧客に提案し、これまでにないスマートな職場の実現、コミュニケーションの向上、業務効率および生産性の向上に貢献する。

– インターピアは現在、SOTI MobiControlを活用し、日本全国の商業施設や宿泊施設などにおいて革新的なバーチャルリアリティ(VR)体験を提供している。今後、SOTIと協力してVRサービスをさらに強化し、日本のホスピタリティ産業に新たな顧客をもたらす。

– ペネトレイト・オブ・リミット(POL)は、SOTIとの深いパートナーシップを通じ、日本における戦略的モビリティマネジメントの開拓を率先している。近年、『SOTIグローバル・ディストリビューター・オブ・ザ・イヤー』として躍進している。

– サトーホールディングスは、自動認識データ収集 (AIDC) 、トラック&トレース技術のパイオニアだ。同社のIoT対応プリンターの遠隔管理においてSOTIとパートナーシップを組む。

– ソリトンシステムズは、ITセキュリティとモバイルエンコーディングのスペシャリストだ。近年、日本企業の中で戦略的モビリティソリューションへの関心と必要性が高まっていることを認識し、SOTIとのパートナーシップを拡大することで、モバイルデバイスやエンドポイントのスケーリング、相互運用性、セキュリティ、マネージメント技術において新たなビジネスを推進している。

Previous

NVIDIA、Jetson搭載ロボットが「つくばチャレンジ」で活躍

テキサス・インスツルメンツ(TI)、「IoTセンサー・ソリューションのクラウド活用法 」

Next