Cerevo、壁や天井への映像の投影や自立移動ができるホームロボット「Tipron(ティプロン)」を発売

コネクテッド・ハードウェアの企画・開発を手掛ける株式会社 Cerevo は、プロジェクターを搭載した変形型ホームロボット「Tipron(ティプロン)」を12月9日に発売開始した。Cerevo の直販サイト「Cerevo official store」での価格は 229,800 円(税別)で、12 月中の出荷が予定されている。

Tipron は「宅内のあらゆる壁や床、天井をディスプレイに変える」をコンセプトとして開発したプロジェクター搭載ホームロボットだ。自宅の壁や床をすべて実際のディスプレイに入れ替えることは、技術や費用の面で現実的ではないが、Tipron は指定した場所、指定した時間、そして指定したコンテンツを自動的に壁や天井へ投影する機能を備えており、家中の壁をディスプレイのように使うことができる。

本体上部のプロジェクター・ユニットは3m の距離で80インチの画面を投影することができ、指定した位置へ自動で移動する機能や、移動時とプロジェクター投影時で形状を切り替える変形機能を搭載。移動時は転倒や障害 物接触を防ぐコンパクトな形態で動作、映像投影時には全高約80cm の投影形態へと変形し、壁や天井に映像を映し出す。

プロジェクター・ユニットは左右それぞれ 90 度、上方向に 90 度、下方向に 35 度向きを変えられるほか、左右に 90 度回転し、縦や斜めに画像を映し出すこともできる。台形補正やオートフォーカスに加えて本体に5ワット型のスピーカーを内蔵しており、本体のみで映像と音声を楽しむことができる。

操作は専用のスマートフォンアプリから行なうことができ、場所、時間、コンテンツを指定することで、毎日指定した時間に指定した場所へ自動で移動し、指定した壁、床、天井などの箇所に、指定した情報を投影することができる。
tipron_charge
スケジュール機能も搭載しており、毎朝午前 7 時にはベッドルームの天井へ YouTube に投稿されているヒーリング・ビデオを投影し、午前7時半にはリビングルームの壁へ本体内蔵の RSS リーダー機能を利用してニュースを投影する、 といったように生活に合わせてTipron が自動的に映像・情報を届けてくれる生活を実現することができる。また、指定したスケジュール操作を終えると、自動で充電ステーションへ戻る機能を備えている。

本体上部にはカメラを搭載しており、カメラ映像をスマートフォンでストリーミング再生しながら変形や移動操作を行なうマニュアル操作も搭載し、スケジュールを設定せず任意の位置へ動かすことも可能となっている。本体内蔵のバッテリーのみで 2 時間の利用が可能でバッテリーは2本まで収容でき、バッテリーを2本利用すると4時間の利用が可能となっている。

背面にはHDCP対応のHDMIポートおよび給電対応のUSBポートを搭載し、HDMI 出力に対応したPCやレコーダー、ゲーム機などの映像や、USB メモリに保存した動画を再生可能。また、本体のみでYouTubeやRSSリーダーを表示する機能に加え、ChromecastやMiracast などのワイヤレス映像伝送機器を組み合わせることで、自由に移動できる Tipron の特性を活かした機動性の高い映像投影が可能である。

テレビや既存のプロジェクターは”操作”が必要であり、また設置場所から動かすことができないものであり、スマートフォンは個人的なコンテンツを楽しむものであり、画面サイズの制約に加えてテレビ以上に”能動的な操作”を必要とする。 一方でTipron は、生活スタイルに合わせて、宅内のあらゆる場所へ生活を彩る情報を、能動的な操作をする必要がない 「ゼロ UI」で届けることを目指したホームロボットとなっている。

【関連リンク】
セレボ(Cerevo)セレボ(Cerevo)

Previous

アウディ、いつ信号機が緑になるか分かる「Time-to-Green」を新型Audi A4とQ7モデルに搭載

マイクロソフト、Windows10によってもたらされる複合現実・ゲーム・Cellular PCの新たな開発機会について発表

Next