バニーホップ、接続するだけで既存機器をIoT化する「IoTコネクター」を発表

株式会社バニーホップは、接続するだけで機器をIoT製品化するLANコネクター製品「IoTコネクター」の提供を開始したことを発表した。

IoTコネクターを接続した機器は、PCやスマートフォンからインターネット経由での遠隔操作が可能になる。IoTコネクター自身がクラウドとの暗号化通信を確立するので、VPNやファイアウォールなどの設定は不要だ。すでに設置済みの機器にも取り付けが可能。これにより、様々な業界・分野で簡単に製品のセキュリティを確保した遠隔操作、IoT化が可能になるという。
 

  • IoTコネクターで可能な遠隔操作の例
  • IoTコネクターは、接点(入出力)および、シリアル通信が可能な機器に接続し、遠隔操作が可能。例えば住宅設備関連では、自動ドア、電気錠、警報装置、漏電や水位などの建設設備センサー、電動バルブなどへの接続が可能で、遠隔から以下のような操作が可能だ。

    ・カレンダーや時刻設定によるタイマー起動
    ・一度にたくさんの機器を制御
    ・動作状況の確認や通知
    ・スマートフォンからの遠隔操作
     

  • セキュリティを確保した通信の仕組み
  • IoTコネクター自体が、クラウドとの暗号化トンネル通信(TLS)を確立するため、VPNやファイアウォールなどのネットワーク工事は不要だ。

    機器の制御プログラムを、クラウド上に設置することで、PCやスマートフォンからの遠隔操作が可能になる。クラウドはアマゾン ウェブ サービス (以下、AWS)IoTプラットフォーム(※)に対応している。今後、以下のような制御プログラムのライブラリも提供予定。

    ・死活監視
    ・動作ログ管理
    ・メール、チャット通知
    ・グラフ表示
    ・データストレージ機能
     

    [media id=’43603′] 構成図

     

  • IoTコネクターの製品仕様
  • ・インタフェース:接点出力×2、接点入力×2、シリアル通信×2(※シリアル通信はオプション)
    ・電源:5V
    ・動作保証温度:-40℃〜85℃
    ・消費電流:typ 180mA
    ・サイズ:縦77mm、横36mm、高さ28mm
     

    [media id=’43605′] IoTコネクター製品外観

    [media id=’43606′] IoTコネクター内部基板

    [media id=’43607′] IoTコネクター管理画面

    【関連リンク】
    株式会社バニーホップ

    Previous

    GEインタビュー「IoTを成功させるためには、早い段階での経営判断が重要」 (2/2)

    アクセンチュア最新調査、高度なアナリティクスや機械学習、IoTなどのデジタル技術が公共サービス機関の変革に貢献

    Next