SBI証券、LINEアカウントでAIエンジンを活用した対話型FAQサービスの提供を開始

株式会社SBI証券は、12月14日(水)より、LINE株式会社のコミュニケーションアプリ「LINE」を活用した法人向けカスタマーサポートサービス「LINE Customer Connect」を金融機関として初めて※1採用し、AIエンジンを活用した対話型FAQサービスの提供を開始した。

同サービスは、同社が新たに開設した「SBI証券 カスタマーサポート」LINE公式アカウントを「友だち追加」することで、誰でも無料で使うことができる。口座開設方法などの同社サービスに関する質問は、「LINE Customer Connect」が連携する株式会社PKSHA Technologyの子会社である、株式会社BEDOREの汎用型対話エンジン「BEDORE」(ベドア)を通じて言語解析・処理が行われ、高い精度で適切な回答が自動表示される。

同エンジンは、顧客からの質問内容を理解する自然言語処理機能に加え、最先端の深層学習(ディープラーニング)機能を搭載しており、顧客からの質問と回答内容を検証することによって自動学習を繰り返し行うため、今後、回答内容のさらなる精度向上が期待されている。このたびの対話型FAQサービスの提供により、顧客はコールセンターに問い合わせしなくても、簡単・迅速に疑問を解決できるようになり、同社のカスタマーサポートの大幅なサービス向上が実現できるものと期待している。
 

[media id=’43691′] 本画面はイメージ

 

 

Previous

キヤノン、IoT・AI時代のデバイス製造に最適な高い生産性と重ね合わせ精度を実現 i線ステッパー(※1)“FPA-5550iZ2”を発売

サプライチェーンの見える化でコスト3割減も「サプライチェーンマネジメントIoT ソリューション」 -NECインタビュー

Next