NTTドコモの人工知能を活用した「おしゃべりロボット for Biz」にロボホンが対応 ~ロボホンによる接客サービスがかんたんに

NTTドコモは、「おしゃべりロボット for Biz」対応ロボットに、シャープのヒューマノイドロボット「RoBoHoN®」(ロボホン)を追加し、法人企業に2016年12月15日(木)から提供することを発表した。

「おしゃべりロボット for Biz」は、あらかじめロボホンなどのロボットが、人工知能を活用して自然対話を実現する「自然対話プラットフォーム」と接続されており、法人企業はロボットに会話させたいシナリオを用意するだけで、簡単にすぐ企業の商品やキャンペーン情報をご案内するなどのプロモーションに活用できるという。

「ロボホン」は、ショールームやインフォメーションカウンター等で、身振り手振りを交えながら自社商品の案内や接客業務ができるほか、本体機能としての電話機能やカメラ機能、プロジェクター機能等も搭載しており、店頭接客等に加えて、ビジネスシーンでの自社サービスのプレゼンテーションなどにも用途が拡がる。

なお、本サービスは2016年5月から開始しており、タカラトミーの「OHaNAS」に続くロボットとして新たにシャープの「ロボホン」が追加され、また、初期費用が従来50万円(税抜)であったのが20万円(税抜)に大幅に下げられ、導入しやすい価格帯に改定された。

1. サービス概要

「おしゃべりロボット for Biz」は「自然対話プラットフォーム」に対応したロボットまたは玩具が必要となり、「自然対話プラットフォーム」に企業独自の対話のシナリオを追加することで、ロボットによる商品説明や店頭での接客、受付業務のサポート、キャンペーン案内等をおこなうことができるサービス。

IoTNEWS20161215_IotNEWS_nttdocomo

2. 対応ロボットおよび提供開始日

■「RoBoHoN」(シャープ株式会社) 2016年12月15日(木)
■「OHaNAS」(株式会社タカラトミー) 2016年5月30日(月)提供開始済

3. 利用料金(税抜)2016年12月15日より改定

初期費用 200,000円 (従来は500,000円)
‐アプリカスタマイズ料(OHaNASのみ)
‐シナリオカスタマイズ料(50シナリオまで)

■月額利用料 35,000円/台
‐シナリオ運用料(毎月5シナリオまで追加、変更、削除が可能)

【関連リンク】
ドコモビジネスオンライン「おしゃべりロボットfor Biz」サイト
シャープ ロボホン
タカラトミー OHaNAS

Previous

サプライチェーンの見える化でコスト3割減も「サプライチェーンマネジメントIoT ソリューション」 -NECインタビュー

キャラクターとの次元を超えた共同生活が可能に、バーチャルホームロボット「Gatebox」の限定予約販売開始

Next