ジェムアルト、約8億人のユーザーを有するチャイナ・モバイルにコネクテッドカー向けセキュリティサービスを提供

デジタルセキュリティ業務に携わるジェムアルトは、中国の携帯電話事業者で、8億4,500 万人を超える加入者を有する中国移動(チャイナ・モバイル)に LinqUS OnDemand Connectivity(ODC)サブスクリプション管理ソリューションと GSMA準拠のエンベデッド SIM(eSIM)を 提供している。本ソリューションは、コネクテッドカー向けにセキュアな接続を実現するためのものだ。これにより、中国移動 のネットワークを用いて、eSIM を予め実装した車は、新しいサブスクリプション・プロファイルをセキュアに手に入れることができる。またユーザーは、自動車を通して、ナビゲーションサポート、安全・車両診断などの車載コネクテッドサービスを享受できる。

コネクテッドカー市場の規模は、2021年までに 1,300億ドルにのぼると予測されている。一方、新車を購入する際に、オプションのサービスを重要な基準とする傾向が高まっており、手間のかからない接続サービスの提供は、今後関心を集める分野となることが予想される。McKinseyの 2015 年調査データ「Case in point」によると、中国の自動車所有者の 60%が、競合会社がより良い接続サービスを提供できるのであれば、別のブランドに切り替えると回答している。

【関連リンク】
チャイナ・モバイル(China Mobile/中国移動)
ジェムアルト(Gemalto)

Previous

NEC・三井住友銀行・日本総研、数か月かかっていたデータ分析作業を1日に短縮する「予測分析自動化技術」の実証実験を完了、本格導入への検討を開始

西松建設とスカイディスク、LoRa内蔵着脱式センサデバイス「SkyLogger」の通信範囲・センシングデータ取得の実証実験を都内で実施

Next