Cerevo(セレボ)、スマホ連携サイクルデバイス「RIDE-1」発売

コネクテッド・ハードウェアの企画・開発を手掛ける株式会社Cerevoは、各種センサーを備えたスマートフォン連携スマート・サイクルデバイス「RIDE-1(読み:ライド・ワン)」を12月15日に発売した。Cerevoの直販サイト「Cerevo official store」の価格は24,800円(税別)で、12月19日より順次出荷の予定。

RIDE-1は、スマートフォンやクラウドとの連携機能を備えることでスポーツに新たな楽しみや価値をもたらすスポーツ用品ブランド「XON(読み:エックスオン)」として展開する自転車向けの製品だ。走行データを計測するGPSなどの各種センサーに加えてANT+、Bluetooth、Wi-Fiといった通信機能を搭載。自転車に取り付けて走行データを記録するだけの従来型サイクルコンピューターと異なり、スマートフォンやクラウドと連携することで走行データをリアルタイムに共有・分析できるのが特徴だ。

Cerevo(セレボ)、スマホ連携サイクルデバイス「RIDE-1」発売

走行データの記録
RIDE-1_app_telemetry9軸センサーや温度センサー、気圧センサー、照度センサーに加えてGPSを搭載。走行中のルートや速度に加えて自転車の傾き、斜度などのデータを本体に記録できる。走行データは本体のみで記録できるほか、スマートフォンとBluetoothで連携することで走行データをリアルタイムにスマートフォンに表示、サイクルコンピューターとして利用することもできる。

ANT+連携
フィットネス機器のワイヤレス接続通信規格として広く普及しており、自転車用電子機器にも多く使われている「ANT+」に対応。ANT+に対応した他社製センサーの情報をRIDE-1に取り込み※1、RIDE-1を通してクラウド上で記録・閲覧できるほか、RIDE-1からANT+対応の機器を操作する機能も備えており、「暗くなったら自動でANT+対応のライトをオンにする」といった連携が可能(※2)。

※1発売当初はスピードセンサー、心拍センサー、ケイデンスセンサーに対応、後日パワーメーターにも対応予定。
※2今後アップデートで対応予定

クラウド上でのデータ管理
本体にIEEE 802.11b/g/n準拠の無線LAN機能を搭載。インターネット回線に無線LAN経由で接続し、RIDE-1に保存したデータをCerevoが提供する専用のWebサービスへアップロードできる。アップロード後のデータはPCやスマートフォンのブラウザ、またはスマートフォンアプリで閲覧でき、過去の走行データを振り返って分析することが可能。

ライブテレメトリ機能
RIDE-1_app_mapスマートフォンの3G/LTE回線を利用して、走行データをクラウド経由でリアルタイムに共有できる。走行中の位置を家族や知人に伝えるという用途だけでなく、伴走するサポートカーや遠く離れたピットから、走行中のライダーの位置、心拍数、パワー値といった身体データを確認するなど、上級者の練習やレースにも活用できる。

グループ機能
複数のRIDE-1をグループ登録し、複数の走行者をライブテレメトリするグループ機能を搭載。友人とのサイクリング中、仲間が今どの辺りを走っているのかという情報をリアルタイムに確認できる。あらかじめグループ登録したRIDE-1を利用することで、集合場所へ向かう途中の現在位置を確認する、という使い方も可能。

オープンソース
サードパーティーディベロッパーに向けて、RIDE-1キャビネットおよびステーの3D CADデータ、Bluetooth Low Energyのキャラクタリスティック定義など、いくつかのリソースをオープンソースライセンスで提供予定。ボトルケージ台座を持たない自転車への取り付けや独自のアプリケーションへの組込に利用できるほか、Webサービス上のデータをエクスポートする機能のAPIなども提供予定だ。

スペック
センサー 9軸センサー(加速度・角速度・地磁気)、温度、気圧、照度
無線LAN IEEE 802.11b/g/n
Bluetooth 4.1(BLE)
ANT+ 搭載
GPS 搭載
駆動時間 約15時間
バッテリー充電時間 約3時間
防水 IPX5
対応アプリ iOS 9以上(Android対応予定)
充電 Micro USB経由
付属品 Micro USBケーブル、バイクマウント S/M、マウント固定用ネジ×2
本体サイズ 145×32×23mm(W×D×H)
重量 約75g

Previous

アールエスコンポーネンツ、ルネサスの開発ボード「がじぇっとるねさすSAKURA II」の販売を開始

リブランビジネスシステム、アフターサービス業務支援システム「CSOne」がIoT / M2Mソリューションをリリース

Next