車載用UIソフトウェアのサンダーソフトがRightwareを買収

車載用ユーザー・インターフェイス・ソフトウェアのプロバイダーであるRightwareは本日、OSとスマートデバイス・プラットフォーム技術を提供するサンダーソフトによる買収を発表した。

今回の合意は、両社の継続的な開発業務を後押しするものであり、成長基盤を構築することで、急速に拡大する車載用ソフトウェア業界での地位を強化しつつ、顧客企業に対してはより包括的なソリューションを開発していく。Rightwareは今後も、現在の経営陣による独立した企業として存続し、車載事業とフィンランドへの投資を継続する。買収金額は、6,400万ユーロ(4億7,100万人民元、6,800万米ドル)相当で、買収完了は2017年前半の予定。

Rightwareの設立は2009年で、主力製品の「Kanzi」は、20種類以上のグローバルな自動車ブランドに採用されている。Kanziを使用することで、運転体験を向上し、自動車ブランドそのものの魅力を高めるデジタル計器クラスターやインフォテイメント・システムの開発が可能。一方のサンダーソフトは2008年に設立され、現在は深セン証券取引所に上場しており、モバイル、自動車、モノのインターネット(IoT)の市場を対象に、OSに関する技術とサービスを世界規模で提供している。今回の合意により、Rightwareはさらなる成長路線を進み、グローバルにおける車載用ソフトウェアとコネクテッドカー市場でのポジションを強固にしていくことを目的としている。

初の海外企業の買収により、サンダーソフトは欧州市場に参入し、自動車業界でのプラットフォーム技術とサービスをこれまで以上に拡大する。Rightwareは今後も、これまでと変わらないブランド、製品、自動車業界への取り組みを通じ、独立した企業として存続する。Rightwareの現在の経営陣は引き続き在籍し、自社への再投資を行う。Rightwareは現在、約50人の従業員を雇用している。今後12カ月間で20人を新たに雇用する計画を立てており、その約半数はフィンランドでの現地採用を予定している。

Rightwareの現在の株主構成は、Finnish Industry Investment Ltd、Inventure Fund Ky、Nexit Ventures、現在の経営陣および同社の創業者。買収金額は6,400万ユーロ相当で、2017年前半には完了する予定。2016年の売上高は約700万ユーロに達し、年内には黒字を確保する見込みだ。

Previous

クアルコム、5G NRのトライアルでエリクソン社・SKテレコム社との協業を発表

IEEE、「ディープラーニングのロボットへの応用とその展望」プレスセミナーレポート

Next