Research and Markets、2020年グローバルコネクテッドカーの予測レポートを発表[海外ニュース]

IoTNEWSプレミアム会員 限定海外コンテンツ(今だけ無料!)

アメリカのリサーチ会社Research and Marketsは「2020年のグローバルコネクテッドカーの市場規模、シェア、発展、成長と需要の予測レポート」を発表した。

コネクテッドカー市場に関して、自動車製造業の一部の分野である自動車の組み込み技術は発展初期から利益をあげており、順調に発展していると考えられている。コネクテッドカー技術はユーザーフレンドリーな機能を備えているため、日々顧客の間に広がってきている。そして、コネクテッドカーはドライバーとプラットフォームを繋ぎ、リアルタイムの通信と安全性を提供する。今後も、自働車メーカーと他のサービスプロバイダーは様々な接続ソリューションを提供していくと見込まれている。

このレポートでは、グローバルなコネクテッドカーの市場における接続技術、集積・組み込み・テザー接続ソリューション、アプリケーション、製品・サービスと地域というテーマで分けられている。アプリケーションの種類には、ナビゲーション、テレマティクスおよびインフォテインメントなどが含まれている。そして製品とサービスに関しては、センサー、プロセッサ、フリートマネージャー、OEMサービス、アフターマーケットサービスと無線・セルラーモジュールなどが紹介されている。また、地域面では、北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋・ラテンアメリカおよび中東・アフリカをメインとした4つに区別されている。

このレポートの中では、コネクテッドカー市場のキープレーヤーであるHarman、AT&T 、TomTom、Telefonica、Verizon、Ford Motors 、Mercedes Benz、BMW AGとAudi AGが採用した戦略が強調されている。各社は市場占有率を向上させるため、技術の連携を重視しているという。例えば、AT&Tは車メーカーと協力し、文脈を考慮する音声制御を開発して運転者により安全で運転環境を提供すること目指している。

主にカバーされているトピック
1. リサーチ範囲・方法論
2. 概要
3. 市場展望
4. グローバルコネクテッドカー市場規模と予測(2011-2020)
5. コネクテッドカーの技術
6. コネクテッドカーの接続ソリューション
7. コネクテッドカーのアプリケーション
8. コネクテッドカーの製品・サービス
9. コネクテッドカーの地域よりの発展状況
10. 競争力の分析
11. 会社紹介と会社戦略
12. 付録

関連リンク:Research and Markets

今後、海外ニュースは、IoTNEWSプレミアム会員(1,500円/月)限定コンテンツとして更新していきます。IoTNEWSプレミアム会員になると、海外ニュースや専門家によるオピニオン記事、業界別IoT情報、国内外IoT分析レポートなどを購読いただけます。現在はお試し版として無料で配信中!

Previous

「A connected world of opportunity」ARM買収後の戦略

アマゾン、「Amazon Web Service re:Invent 2016」にて最新サービスを発表

Next