シリコンバレーと連携する、関西のグローバルベンチャーキャピタル「ハックベンチャーズ」が48億円を組成

ハックベンチャーズ(大阪市北区)は、関西を基盤としつつ、米国シリコンバレーなどの最先端地域と密な連携を取ることにより、ITによる産業革新の波を引き寄せ、日本/関西に世界的に競争力のある事業を創造することを目指す独立系ベンチャーキャピタルファンド。

 本ファンドは、2015年5月14日に一次募集を終え48億円を組成。一次募集出資者は、大阪市、中小企業基盤整備機構、都市銀行、大手事業会社など。今後引き続き2016年6 月末まで二次募集を行い、ファンド総額は100億円を目標としている。

 ITによる産業革新の波は、IoT(”Internet of Things”:「モノのインターネット」)というインターネットとものづくりなどの既存産業の融合という形で押し寄せようとしている。シリコンバレーが世界をリードするインターネット・ソフトウェア技術と、日本/関西に集積するものづくり技術・事業ノウハウを融合することにより事業創造、ベンチャー企業振興を図る。結果、日本/関西に世界最先端のアイデアを呼び込むと同時に、日本の最先端技術を世界に羽ばたかせることが本ファンドの基本的な方針だ。

・関連リンク
ハックベンチャーズ株式会社

Previous

日本生命と野村総研がIoT活用で、保険ビジネスモデルを検討

IoT腹筋でレコーディングダイエット

Next